播州の染め

2018.05.22

染色工場へうかがったとき、染色の色見本を見せていただきました。ずらりと並ぶ色は二万色以上だそうです。何十年も染め続けてきた蓄積は、今もなお増え続けており、色とは無限にあるのだと思えました。

以前、機屋さんとお会いして、この土地だからこそ生まれる織物とは何か、ということについて話していました。今の時代、生地を織り上げる織機も糸も輸入できる。職人の技術があれば、播州ではなくてもどこでも織れるんだと言っていました。そんな中で、この土地が誇れるものはやはり、染めに適した水の資源に恵まれ、糸の染めから織物を作り上げられる環境だとおっしゃっていました。

播州を南北に流れる加古川は、染めに適した軟水が流れています。日本の多くをしめるこの水質は、不純物が少なく、季節によって成分が大きく変化しないなど、染色に関する条件がいいのだそうです。今も染色工場をはじめとする、様々な現場は川沿いなど水の近くに隣接して建っています。

産地がかつて、繊維産業の恩恵を今よりももっと受けていた時代から現在にかけてもなお、私たちは恵まれた自然によってものづくりができているんだとあらためて感じました。自然のゆたかさと、人々の暮らしのゆたかさは共存できるんだということが、長らく街中で暮らして生きてきた私にはとても新鮮で、素晴らしいことに思えます。

アレンジワインダー

2018.03.09

抽象画のようですが、これは経糸のつなぎ目。アレンジワインダーという経糸をつなぐ技術を使っています。もとは大量生産が主流だった時代、次の経糸を載せ替える時間が惜しいほど機場が忙しく回っていたので、その手間を減らそうと複数の縞模様の経糸を一つのビームに整経して巻いたのがこの技術の始まりでした。

winder_02-1

これからの時代は小ロット生産にも対応できるようにと、再び着目され始めています。先染め織物の産地としてこれからもつくり続けるのには、必要な技術なのかもしれません。そして、この方法によってこれまでにはなかった織物が作れる時がくるかもしれない、と思うと胸が踊ります。

シルクの歴史

2018.02.14

シルクは、綿と同じくらいに私たちにとって身近な素材。先日シルクを扱う糸屋さんにお会いし、その歴史をあらためてうかがいました。

そもそも、人々の間でシルクが使われはじめたのはおよそ5000年から6000年前の中国からといわれています。野生の蚕の繭を集め、糸をつむぎだして絹織物を作ったのがはじまり。その後、蚕を家の中で飼育し、効率的にシルクの生産ができるように改良が重ねられて、現在の家蚕になったと考えられています。

日本にはシルクロードができるより前の弥生時代のから、独自の養蚕・製糸・染色技術が存在していました。その後も中国大陸や朝鮮半島からの渡来人によって、中国の蚕種や先進的な技術が持ち込まれ、日本各地で独自の発展を遂げて、多様な絹産地が形成されました。

お話の中で興味深かったことの一つは、今のような工業生産が可能になったきっかけが、今よりはるかに昔の江戸時代だったということ。当時、ヨーロッパで蚕の病気が流行し絹織物の産業が壊滅状態に陥ったことから、ヨーロッパ諸国は洋式製糸器械を日本をはじめとしたアジアの国々に伝え、生糸を輸入するようになりました。1862年には日本の輸出品の86%が生糸と蚕種になるまでに成長。それ以降、1900年半ばにかけて絹織物の生産は日本の主要産業に発展していったのです。

しかし、現在の国内のシルクの生産量は昨年で約18t、それに比べて世界一の生産を誇る中国は7000t。その中国でも年々生産量が減り、シルクの値段は高くなっているのだそうです。ゆくゆくは中国もシルクの輸入国となるだろうと糸屋さんは話されていました。

同じか、それ以上の技術があったとしても、複数の要素が関わり合って、産業が場所を常に横断していく。長い時間軸でシルクの歴史をあらためて捉えていると、それは綿織物ではどうだろうかと考えざるを得ません。同じような動きは綿においてもいえることですが、抗えないこの時代の流れの中で、唯一無二のものを作っていくことしか道はないのではないかと思いました。私たちだからこそ作れるものとはなんだろうか、これからも日々学び、考えながら作り続けたいと感じたときでした。

経通し屋さん

2018.02.08

播州織の産地では、生産性を上げるために古くから分業によって織物が作られてきました。経(へ)通しという工程は、経糸を機械にかける一番手前で行われる工程で、今も人の手作業が必要とされている工程です。何千本もの糸を一本一本扱いながら、経糸の準備をしていきます。(経通しの工程については、こちらを読んでみてください。)

機屋さんと同様、経通し屋さんも家内工業と呼ばれる家族経営の形態で営まれているところが多く、こちらの工場も家族3名で行われています。うかがった時は、夜の9時前後。まだ、娘さんがコツコツとお一人で仕事をされていました。

20180208-3

ドロッパー、綜絖、筬と三段階に分けて糸を通していき、綜絖の通し方はその織物の組織によって通す順序が不規則に変わっていきます。集中力と根気がいる作業ですが、職人さんは自分のペースで仕事ができるのがいいところだと話されていました。娘さんによれば、お母様は朝方早くからもっと夜更けまで長時間働かれているのだそうです。

産地に入ってものづくりの現場で感じるのは、街にあるような大きな企業の中での働き方との様々なちがい。当たり前のことですが、職人さんにとっては家は仕事場であり、仕事が生活と近くに寄り添っています。時に昼夜の区別がないくらい、工場を動かし続けなければいけないこともあります。そんな仕事を見ると、職人さんの身体が心配にもなりますし、なぜこんな働き方をしなければならないのだろうかとふと疑問を持つときすらあります。

20180208-2

でも、おそらくどちらかといえば、こういう働き方のほうがより昔から伝えられてきた生活のリズムなのだとも最近思うようになりました。いくつになっても働くことができて家族や近しい人とゆるやかなつながりの中で働くということ。ものづくり産業全体が今、過渡期にある中で隔たる壁も沢山ありますが、人とのつながり方や価値観、仕事の仕方、暮らし方などあらゆる面で気づくことが沢山ある日々です。

泥染めを訪ねて、金井工芸へ vol.2

2018.02.06

今回も引き続き、昨年の冬にうかがった『金井工芸』さんの泥染めの技法について紹介します。前回は奄美大島で「テーチ木」と呼ばれる植物、車輪梅の枝をチップ状にして、丸二日間煮詰めて染液を作る工程までお話ししました。これからいよいよ、繊維を染める作業に移っていきます。

写真は、煮詰めたテーチ木の染液が入った桶。この中で職人さんの塩梅で染液の濃度を少しずつ上げながら、何度も液を替えて、繰り返し揉みこみ染色していく「テーチ木染め」を行います。染液が染み込むと、ずっしりと重みを増す繊維を扱うのはかなりの重労働。夏は工場の中が40℃を越えるのだそうです。

kanai-2-2

some_01

この桶を見てお分かりのように、染めるのは服の場合だと一着ずつになります。それを全てほとんど同じ色味に染め上げるのも、とても難しいのだそうです。そして何度も色を重ねるうちに、繊維はだんだんと赤茶色に染まっていきます。

size-9

そして、工房のすぐ隣にある泥田で染める「泥染め」の作業に移ります。泥に含まれる鉄分とテーチ木のタンニンが反応して、赤茶色に染った生地がだんだんと黒く変わっていきます。この「テーチ木染め」と「泥染め」を交互に何度も繰り返し、独特な深みのある黒褐色に染め上げていくのです。こうして、泥染めの美しい色は生まれていました。

IMG_9633 2

染めの一連の流れを体験して感じたのは、自然に付与する割合がとても多い技術だということ。染料や染めの方法についても、手間と時間が沢山掛けられていましたが、そのほかにも例えば、工房内で電気を使っていたものといえば、染液に浸った生地を脱水するための機械。染めの仕事は明るいうちだけ行われるために使われる光源も最小限でした。ほとんど機械を使わず行われていることに、職人さんから教えられてふと気づき、はっとさせられました。

size-6

写真のように工房の様子をみると、天井がところどころ吹き抜けになっています。てっきり電気を使わないためであったり、正確な色に染め上げるために外光を取り入れているのかなと思っていたのですが、なんとその屋根の一部は、台風で屋根が取れたためなのだと言われてびっくり。日本の南部に位置するこの土地は、台風の被害を被ることはついて回ります。だからこそ建物がどんな被害になっても、最小限の電源で仕事をし続けられることが必然になっていました。地場と結びついた伝統技術は、一筋縄では行かない自然の厳しさと付き合いながら、今へと受け継がれていました。

泥染めを訪ねて、金井工芸へ vol.1

2018.02.01

少し時間が立ちますが、昨年の終わり頃に、奄美大島へ行ってきました。島の伝統工芸として受け継がれる「泥染め」がどんな場所で行われているのか知りたくなり、『金井工芸』さんへうかがった時のことについて書いていきます。hatsutokiでも以前、播州で織り上げた生地をこちらの工房で染めていただいきました。この生地、記憶に新しい方もいらっしゃるだろうと思います。

泥染めポプリンワンピース

どうやって、こんな深くて強い色が出るのでしょうか。実際に染めの工程を体験しながら、うかがってきました。

記事のトップにあるイメージは、泥染めをする際に使う「車輪梅(シャリンバイ)」。奄美大島では「テーチ木」とよばれています。たくましい太さの枝ですが、意外と街中でも車道の脇に生えている種類の木。この土地では豊かな土壌に恵まれ、大きく育つのだそうです。職人さんは森に行って、この木を刈りとるところから始めます。染めに必要な分を調達できたら、機械を使って、チップ状に加工していきます。

size-2

size-5

それを大きな釜で煮出していくこと、なんと丸々二日を要すのだそう。また、テーチ木が取れないときは、少し染めるまで期間をあけることが必要な時もあります。今日明日でできる作業ではないことの理由が今回あらためて分かりました。

そして感心してしまったのは、この木材の行方について。煮た後に出し殻となった木材も、次に煮出す時の木材として使うことができる。そして、燃えた後の灰は、同じ工房で行われている藍染の染料を作るのに使うことができたり、島の陶芸工房へ渡り、釉薬として使われているそうなのです。自然から生まれたものは、無駄なく利用して、土へ帰っていく。その循環が理にかなっていて、とても健やかなものづくりの在り方だと思いました。

さて、こうして出来上がった液が染料となって、泥染めの次の工程へと進んでいきます。次回もお楽しみに!

大城戸織布へvol.2

2018.01.29

前回に引き続き、先日訪れた大城戸織布へ訪れた時のことについて。機場に案内していただいて最初に足を踏み入れたのは、ワインダーと呼ばれる糸を巻き取る機械がずらりと並ぶ部屋でした。

_MG_9099-2-1

工場に届く糸は、形状もそれぞれ少しずつ違い、ワインダーはそれらを織りに適する形や糸量に合わせて巻き返すための機械です。織りの効率にも繋がる、地道だけど大切な作業。機屋さんは織りの作業と並行して、常に染まった糸や買われた糸を適切なかたちで巻き返す作業がされています。(糸について気になる方はこちらも合わせて読んでみてください。 >>[播州織ができるまで②-糸について-]

さて、ワインダーが並ぶ一番奥に気になる機械を発見。なんと複数の糸を撚り合わせることができる「撚糸機」でした。もっと大型のものが一般的なのだそうですが、小型のものは大型のものより購入するコストが高いのだそう。他の産地の機屋さんの繋がりなどから情報を聞き、ようやく手に入れたコンパクトな撚糸機は、こじんまりとしていて、大切に使われてきたんだろうなあという貫禄と愛嬌を持ち合わせた子でした。

_MG_9097-2

_MG_9098-3

トップの写真は、まさに二本の糸が撚り合わさる部分。ローラーの回転数を調整し、糸の番手や種類によって適切な撚り回数を施すことで糸を作れるのだといいます。そして上二枚の写真のように、撚糸された糸が再び巻き取られていきます。

「糸からオリジナルで、テキスタイルを生み出せる」。織る現場で糸から研究をすることは、糸の生産現場ではできない「織り」と「糸づくり」の実験を行き来して繰り返して行えるということ。いろんな素材を掛け合わせて作る糸は、一つずつ職人さんの経験となって積み重なり、ここでしか生まれない生地を作り出せる、大きな強みになっていました。産地が生地にとっての『市場』のようなものならば、もっと純粋でシンプルな部分の、野菜の品種や土の配合など、根源的なところからデザインしようとしているんだと感じました。

「まさにこの場所から新しいものがきっと、もっと生まれていくんだ」とぞくぞくし、ワクワクと心を動かされた時間でした。

春夏に向けて

2018.01.23

次の春夏に向けて、今の時期は生地をひたすら織っています。これはドビー織といわれる、一定のピッチの模様がリピートした織物。縦に一本すっと入った糸の上をドビー模様が連なっています。パールのようで、雫のような美しい表情。

ドビー織は小柄の規則正しい幾何学的な模様が多く、シンプルな技術でありながら、模様の種類は非常に多くあります。古くからシャツ地の産地として栄えた西脇では、ドビー織の生地見本が機屋さんなどでもたくさん目にすることができます。長い時間に渡って、産地の人々によって研究と開発がされてきた技術を用いて、次の春、新鮮な表情のテキスタイルが登場します。

ここから更に、一手間加えて服地に変身する予定。どんなテキスタイルで登場するか、楽しみにしていてくださいね。

綿が糸になるまでの風景

2018.01.22

前回の[インドの綿花畑]に続いて、綿が糸になるまでの風景。これは畑で取れたコットンからごみなどの不純物を取り除いている作業の様子。本当に手で一つずつ仕分けているのだとこの写真をみると実感します。後ろ側に積まれた綿の山は、まるでブロック塀のよう。普段の日常で、近しいコットンの存在が、たくさんの人の手によって生まれているものだということに改めて気付かされます。

hatsutokiで生地を作るときも、同じ綿の糸でもどこの産地のどんな品種の糸なのか、とても慎重に選んでいます。糸の特性に詳しい糸屋さんを始め、職人さん方の経験をうかがいながら、どれが最適かを考えています。光沢感がある、伸度がある、糸の太さのムラが少ない、不純物が含まれていない……など、ぱっと糸を見ただけではわからない糸の特徴が沢山あり、長い時間費やしただけの経験と知識が西脇の産地にはあります。その一つずつを見過ごさないよう、素材を活かせるような生地作りをしていきたいです。

インドの綿花畑

2018.01.18

先日お世話になっている糸屋さんがインドに行かれたと言って、旅の道中の写真を見せてくれました。一面に広がるコットン畑に、何も遮るものがない大きな空。綿が糸になるまでの一連の工程を見に行かれたと話していました。私たちは普段、糸になった綿のすがたを見慣れてしまっていたのでこの風景が新鮮に目に映りました。

現在、日本国内には紡績の工場はほとんどありません。なので国外で栽培された綿花を紡績して、日本はその糸を輸入しています。服屋さんに行くと、この生地はどこでどうやって作られたのだろうかと想うことがありますが、この旅の景色を見せていただいて、その想像がより一層広がりました。

cottonfield-2

綿の生地の風合いは、育てられる土壌や品種によって様々。同じ太さの綿でもそれぞれ個性があります。この地域で作られる綿は、全て人の手によって摘まれているのだそう。繊維が切れない力加減で丁寧に一つずつ収穫されるからこそ、柔らかな綿の糸となり、しなやかな生地になります。実は、綿は元々インドで誕生した素材といわれています。昔から脈々と受け継がれてきた栽培の技術や紡績の産業が、今もなお人の衣文化の中心であり、始まりとなっていることを実感できました。