ジュエリーブランド[KIKKOU]の製作風景 vol.2

2017.09.13

hatsutokiのオンラインストアにも登場したKIKKOUオリジナルのゴールドリング
DSC_0996-1

華奢でうつくしいこのジュエリーも、一つひとつ彼女の手仕事によって作られています。今回は、彼女のジュエリーの「かたち」が生まれるまでを追っていきます。


[KIKKOU]のデザイナー・亀甲有美さんのアトリエは大阪の一角。この机でジュエリーをいつも作られているのだそうです。金属を扱うための道具がずらりと並んでいました。

DSC_1065-1

DSC_0946-3

指輪も、もともとは長い金属の針金のようなもの。これを指輪の長さに合わせてカットするところから始まります。

DSC_0950-4

切った断面を丁寧にやすりで磨いたら、円柱の筒に巻きつけて指輪のかたちを作っていきます。丸を描くように金属をしならせたら、バーナーでくっつける[ロウ付け]の工程。

DSC_0952-5

DSC_0959-7

すると、金属はロウ付けによって表面が黒く酸化し、酸化膜ができます。それを落とすため、希硫酸という液に10分から20分ほど浸ける[酸洗]という作業を行います。酸化膜を落とした後は、磨きの作業をして表面のテクスチャーを作っていきます。

DSC_0967-8

DSC_1074-14

これで、指輪のかたちが完成。これがベースとなって、ここからメッキを塗装したり、糸を巻きつけたり、いくつもの工程を重ねていくことで彼女のリングは生まれています。

亀甲さんは撮影のあいだも、説明しながらすらすらと指輪を作ってくださっていましたが、その早さにやはりびっくり。金属の素材が、だんだんと軽やかさを帯びて、繊細なかたちへと変化していく過程は、とても新鮮に思えました。

一つひとつ正確にうつくしい手仕事で完成されていく、彼女のジュエリーがあらためて愛おしく感じられます。


KIKKOUオリジナルのリングはhatsutokiのオンラインストアでもお買い求めいただけます。

むら染めしたリボンを解いた一本の糸をぐるぐると巻きつけたとても華奢で繊細なリング。その日の装いに合わせて色を合わせたり、重ねづけしても可愛いアイテムです。

DSC_1004-2
KIKKOU simple gold ring ¥5,000+tax

秋桜

2017.09.12

すっかり暦は秋になり、秋桜が咲く季節になりました。この花が細い茎と葉をたわわに揺らして咲いているのを見ると、綺麗だなと思うと同時に、短い秋がすぐに過ぎていってしまうと感じるからか、少し切なくなります。

幼稚園か小学生くらいの時、「秋の桜ってかいて、コスモスってよむんだよ」と友達に教えてもらい、そんな訳絶対にない!と断じて信じなかったというおかしな思い出があります。だってどう読んでも、コスモスなんて読めなかったからです。その数年後、曲名かなにかで使われているのを見て、ああ本当だったんだと気づくまでに数年か掛かりました。

そんなこの花の原産はメキシコで、明治の頃に渡来した植物。[秋桜]というのはあくまで当て字なのだそうですが、それでも私はこの漢字の組み合わせがとても好きです。秋を感じさせてくれるうつくしいすがたが、日本人に秋の”桜”として愛されてきた理由なのかなと感じます。

カリッと揚げるフライドポテトの作り方

2017.08.26

「美味しいフライドポテトが作れる様になりたい…」と思いたち、色々なサイトでレシピを調べ色々と試してみたのですが、フライドポテトは意外に奥が深く、なかなか思うように行きませんでした。2度揚げしたり、水にさらして冷凍するのが良いなどなど色々な情報を元に試しましたが、なかなかカリッとならず、しっとりしてしまったり、外は上がっているのに中まで火が通らずに堅い…などなど。。

様々な失敗を経て、ついにたどり着いたのはとてもシンプルな作り方でした。わずか3工程のすごくシンプルな作り方。外はカリッと揚がり、中はホクホクです。是非試してみてください。

[材料]
じゃがいも
サラダ油

[作り方]
1.じゃがいもを皮付きのままよく洗い、そのまま電子レンジで加熱。竹串がすっと通るまで火を通します。
2.火が通ったら1/8程度にカットします(小さいじゃがいもは1/4でもOK。皮は好みですがカリッとするので、皮付きのままがオススメ)。
3.180度~190度程度に熱した高温の油で、表面がこんがりきつね色になるまで揚げます。

塩・粗挽きの胡椒などお好みで味付けして完成!

[コツ]
・じゃがいもは必ず皮付きのまま火を通す。そのまま食べられるくらいまでホクホクにします。
・180度~190度は「衣を落としたとき、少し沈みにすぐに浮き上がってくる」もしくは「菜箸を入れた時に、箸全体から大きめの泡が上がってくる」状態です。
 →調理用のデジタル温度計などがあると簡単です。1000円などでも買えるので一つあるとお肉を焼く時などもとても便利です。
・塩、胡椒など味付けは、ボールを使いフライパンを振る様に混ぜると全体に塩が行き渡ります。
・じゃがいもの品種はでんぷん質な程フライドポテトに向くと言われています。男爵が良いらしいのですが、メークインでも美味しかったです。

[応用編]
・ローズマリーやタイムなど香草と一緒に揚げると、香りの良いフライドポテトに。ニンニクを一緒に揚げるのも…美味しいです。

蓮の花

2017.08.18

お盆に墓参りをしたら、蓮の花が咲いていました。仏教では、西方浄土の極楽は神聖な蓮の池と信じられているためお寺の境内に蓮の池が作られて、よく植えるようになったのだそうです。アジアのいろいろな国の国花にもなっています。

しずかに浮かぶ蓮の花は、きれいな澄んだ水でしか咲かないのだそうで、それを知るとどこかいっそう特別にうつくしく感じ、昔から神聖な花として人々に親しまれてきたのがわかるような気がします。

ちなみに、蓮は「蜂巣(はちす)」を略して生まれた名前。実の入った花床にはたくさんの穴があいていて、蜂の巣に似ているからなのだそうです。

hasu_1200_2

外皮が固くなった花床は、まるで生き物のようでした。青々とした葉っぱが夏の日差しに、鮮やかに映えていました。

京都の夏を感じる[下鴨納涼古本まつり]

2017.08.12

下鴨神社・糺の森で毎年行われる[下鴨納涼古本まつり]。今年も昨日8月11日から16日までの期間ではじまりました。緑道の木陰で構える古本屋は、一つひとつゆっくり見ていたら、1日いても足りないくらいであっという間に時間が過ぎていきます。

木々に囲われた空間といえども、やはり京都の夏はきびしい。しかし暑い、暑いと扇ぎながら、ただ黙々と本を選ぶ時間は無心になれて、なんだか幸福な気分になってきます。たくさんの人が集まる場所だけど、みんな静かに本選びをしているのは、それだけでちょっと非日常的であり、特別な空間のように思えます。

お盆のうち丸一日、ここに来る予定だけを立てて、時間を忘れてみてはいかがでしょうか。

[第30回 下鴨納涼古本まつり2017]

日時 8/11(祝・金)~16(水)
10時~17時30分 ※最終日は16時まで
電話 075-574-1897(津田書店)
住所 京都市左京区下鴨泉川町59(下鴨神社・糺の森)
アクセス 出町柳駅下車 北へ徒歩約10分
最寄り駅 出町柳駅
関連サイト http://koshoken.seesaa.net/


さらりと肌離れのいいワンピース。これを切れば、汗ばむように蒸し暑い夏も乗り切れそう。

スクリーンショット 2017-08-12 19.08.19

透けない生地感もちょうどいいです。夏の日差しのしたでも快適に過ごせる、おすすめの一点です。

サテンロングタンク ¥16,000+tax

夏においしい、しそジュースの作り方

2017.07.26

最近、生地屋さんを訪れたとき「今日も暑いね。」と冷たいしそジュースをコップに入れていただきました。その時のおいしさといったら!カラダいっぱいに沁み渡って、涼やかな気分になりました。そんなしそジュースの作り方を今回はご紹介します。

[材料]
赤シソ  300g
砂 糖  800gくらい(お好みの量)
水    2ℓ
クエン酸 20g(薬局などで手に入ります)

[手順]
1.赤シソの葉はよく洗ってから水気を切り、ちぎります。
2.大きめの鍋に2ℓのお湯を沸騰させ、赤シソを5分ほど煮出します。その後ざるを使ってこします。
3.お好みの量の砂糖を加えて煮溶かします。砂糖が溶けたら火を止めてクエン酸を加えます。
4.冷めたら保存容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

飲むとき、濃さは水で薄めて調整してください。炭酸と割ってもおいしいです。赤じその旬は6~7月と短いのだそうで、もう今年もそろそろ終わってしまう頃。今の季節だけの夏の味、ぜひ作ってみてください。

itocaci [大阪]

2017.07.24

大阪は中津の一角に[itocaci(いとかし)]というセレクトショップがあります。耳にとまるようなこのお店の名前は、清少納言や枕草子がかわいいもの、好きなものをつらつらと紹介したように、良いものを紹介できる場にしようという思いが込められています。

オーナーの北原さんは、もともとアパレルとはまったく違う業界で働かれていましたが、洋服に興味を持つ方々を増やしたいという思いのもと、お店を2016年にオープンしました。印象的なのは、一つひとつ丁寧に選ばれた洋服やアクセサリー、そしてそれらを飾るお店の空間。内装のほとんどを彼がDIYで改装したのだそうで、それぞれのブランドに合わせたレイアウトに沿って、空間が作られていました。それぞれのアイテムの個性や素材感を深く知られて、愛しんでいらっしゃるのが伝わってくるようなお店です。

北原さんご自身、気づくといつもどこか産地に行かれては、産地のものづくりについてとても研究熱心な方!西脇へも、月に一度は足を運ばれていています。ものが生まれるまでの背景を深く知っているオーナーさんだからこそ、信頼して、いろいろな視点から洋服を見ることができそう。お店に行けば、彼が日本各地に赴いては集めてきた面白い生地も見せていただけます。

近くに並ぶ、昔ながらの商店街もどこか下町らしい風情があり、街歩きも楽しめそうなエリア。大阪にいらした際は、ぜひ行ってみてください。


[itocaci]
住 所: 大阪府大阪市北区中津3-20-10
連絡先:itocacicontact@gmail.com
取り扱いブランド: 《fashion》hatsutoki / BANSAN / osakentaro / proto (egg) product project
《accessory》 nozomi okazaki / yuka ishikawa / 16
《textile》日本の布

>>itocaci blog
営業日や時間は、上記HPでご確認ください。

ジュエリーブランド[KIKKOU]の製作風景

2017.07.20

hatsutokiとのコラボレーションジュエリーを製作していただいた[KIKKOU]のデザイナー・亀甲有美さんのアトリエへおじゃましました。どんなところで、あのアクセサリーは作られているんだろう。ワクワクしながら、いざ訪問。

kikkou_1200_6

川沿いに建つビルの一室に彼女のアトリエはありました。ひっそりと静かな、年季を感じる綺麗な建物。アトリエの中は白い空間で、やわらかい光が差し込んでいました。製作の期間は、この部屋でひたすら作品を作り込むのだそうです。

kikkou_1200_5

kikkou_1200_4

亀甲さんが製作に用いる、むら染めされたリボン。これは一度ほどいて一本の長い糸にします。それを華奢なシルエットの金属に巻き続けることで、KIKKOUのアクセサリーは作られていました。
hatsutokiとのコラボレーションで生まれた、赤いアクセサリーのシリーズは、深い赤色に染まったリボンが使われています。これらのリボンは、京都の染屋の職人さんから仕入れているのだそうです。繊細でありながら自由な色使いが美しい素材。偶然に生まれる色のにじみやグラデーションはやわからなニュアンスや奥行きとなっていました。

kikkou_1200_3-2

kikkou_1200_1

学生時代は染織の勉強をし、かつて繊維関係の仕事をしていたこともあるという亀甲さん。彼女にとって、糸という素材はいつも身近なもので、それを使って製作することは自分の中では、とても自然なことだと話していました。だからなのか、KIKKOUのアクセサリーは繊細で女性らしくありながら、肩の力をぬいて自然とした装いにつけたいと思えます。日々が少し、特別なものになるようなジュエリー。次回はいよいよ、その製作の風景について。


hatsutoki×KIKKOUのコラボレーションジュエリーは、鮮やかでありながらも深く落ち着きのある赤が基調となったシリーズ。ゴールドの金属面は表面を手作業でマットな質感に仕上げ、落ち着いた表情にしました。ゴールド×レッドの色味が上品で女性らしいアクセサリーです。

GA-00KI-03_1200_12

 

GA-00KI-02_1200_12

 

GA-00KI-01_1200_12

※こちらの商品のシリーズは、ただいまご注文いただいてからお届けまで最長1ヶ月いただいておりますのでご了承くださいませ。ご注文を頂いた時点で、在庫状況を確認しご連絡いたします。詳細な発送日はご注文後、確定次第ご連絡させて頂きます。

hatsutoki books vol.25[CATS, CATS, CATS]

2017.07.16

アンディ・ウォーホルが1950年代を中心に描きつづけていた、ネコのドローイング集。自宅で26匹のネコとともに過ごしていたというウォーホルによって、愛情たっぷりに描かれた、1匹1匹表情ゆたかなネコたちを見ることができます。ウォーホルといえば、キャンベル缶や、マリリン・モンローを描いたような、鮮烈な色彩使いをする印象が強かったので、しなやかな線で繊細な色彩で描かれたネコのすがたを見て、彼のほかの一面を見た気がして新鮮でした。

6a00e554e97d5c883401a3fd1dc719970b

“What makes a person spend time being sad when they could be happy?”

どうして人って、幸せでいられる時間を、わざわざ不幸にして過ごすのだろう。彼はネコから1日の過ごし方や、人生の時間の過ごし方はシンプルでいいのだ、ということを教えられていたのかもしれません。ふとした時に手にとって読んだり、大切な人への贈り物にもおすすめの一冊。

日本の染めを巡って[ちいさな藍美術館]

2017.07.14

立派な北山杉をバスから眺めながら、京都の山奥深いほうへ向かい、着いたらそこは時間の流れがまったくちがうように思えるほどに、しずかで緑ゆたかなところ。ここに[小さな藍美術館]はあります。

主人である新道弘之さんは、学生の頃より藍染めに魅せられ、長い間制作活動や研究を続けてこられて、自身が染めの職人でもあります。彼が生きてきた中で、こつこつと収集してきたものを展示した「ちいさな藍美術館」が工房に併設されており、日本の藍染め絞り、また全世界各地でつくられてきた藍染めのコレクションなどを見ることができます。

aimuseum-5

aimuseum-4

美術館の入口のギャラリーショップでは、新道さんが染め上げた絞りの生地や、その生地で作られた小物を見ることができます。作品の数々を見せていただいた時「きれいだろう。俺が作ったんじゃないもの。自然が作り出した模様だから、きれいなんだ」とおっしゃていた言葉に少し衝撃を受けたのを今でも覚えています。


aimuseum

aimuseum-7

藍染めによって生まれる色にしろ、絞りでできる模様にしろ、人が作り出すものはどんなに完璧で整ったものを目指しても、どうにもコントロールしきれない「ずれ」のようなものが自然と生まれるもの。それはテキスタイルに関わらず、つくること全てにおいていえることだと思いますが、実は、人はそこに美を見出しているんだと気づきました。長年、藍を研究されてきた新道さんの言葉から、それは簡単な事でないことも同時にわかり、美しさを目指して人が何かを作り出すとき、自然のちからが関与できる隙のようなものをつくることも、ひとつの「技術」なのかもしれないと感じました。ここでしか見られない藍の染めを見に、ぜひ行ってみてください。

[ちいさな藍美術館]
601-0712 京都府南丹市美山町北上牧41
41 Kita, Miyama, Nantan-shi, Kyoto JAPAN
TEL 0771-77-0746
E-mail shindigo@cans.zaq.ne.jp
http://shindo-shindigo.com/


今シーズンの新作、綺麗な藍の色で染め上げたワンピース。

aizome

aimuseum!

さらりと着れば、夏でも涼しげ。リラックスした気分で、休日を楽しめそうな一着です。

本藍染キャミソール/45000+tax