播州織について②-播州織産地の特徴-

2016.03.20

播州織について①では歴史や大まかな織物の特徴、街の風土について書きました。
http://hatsutoki.com/blog/149/about_banshu-ori_1/

 

②では、もう少し詳しく踏み込んで、播州織「産地」の特徴や構造、産地の特性(長所・短所)ついて説明しようと思います。

播州織産地の一番大きな特徴は、工程ごとに細かく分業性になっている、と言うことだと思います。一つの織物が出来上がるまでにはすごく沢山の工程があり、その工程の殆どが西脇では分業になっているのです。例えば、染色・整経(せいけい:タテ糸を準備する工程)・織り・加工(生地の風合い出し/仕上げ)、が大きな工程ですが、この間にも細かい工程が沢山あります。ちなみに島田製織のように工場を持たない会社は「産元(さんもと)」といいます。産元の仕事は少し分かり難いのですが、産地を一つの大きな工場に見立てた場合の「企画・営業・生産管理」です。生地を企画・デザインして東京や大阪から生地のオーダーを取ってくる、そして産地の工程を使い生地を作り収めるところまでが産元の仕事です。

ここまで細かい分業化が進んだのは、何万、何十万メートルもの大きなオーダーへの生産を効率よく生産するために最適化されたシステムを求めたためでした。ですので、西脇の特性の一つとして、大きなロットに向けた体制となっている、ということが挙げられます。生産量が増えれば単価が下げれる、少なければ単価が跳ね上がるのです。これは長所でもあり、短所でもあるのです。

もう一つ播州織産地の特徴としては、「綿を先染めで織ることに特化している」ということが挙げられます。これはどの産地にも言えることなのですが、綿を先染めで織らせたら世界屈指のクオリティを出せると思いますが、ウール100%や麻100%、シルク100%などの織物は、基本的に他の産地で生産した方が良いものになると思います。なぜなら播州織産地の機械や設備は綿を織ることに特化しているからです。機械の調整を綿織物を織るためにチューニングしているのです。そして機械だけでなくそこで働く人の技術、知識も綿に特化しています。(例外として、綿×シルクの織物や綿×ウールの織物は作れます。その場合もタテ糸は綿でなければいけないという制約があります。織物の特性上、長ーく準備したタテ糸に対し、ヨコ糸を入れていくのですが、ヨコ糸は割りと簡単に変えられるのです。問題はタテ糸で、播州織産地では基本綿のタテ糸しか作れないので、シルク100%やウール100%は不可能なのです。他の産地、例えば名古屋(尾州)のウール産地では、ウールのタテ糸を作ることが一番得意な筈です。産地全体の機械も人もウールに特化しているのです。よって尾州で綿のシャツ地を探すべきではないのです。)写真は糸の染色見本です。このような染色の色見本が産地全体では50万色あると言われており、世界一と聞いたこともありますがやはり基本的に綿の色見本です。綿の色を探すなら西脇が一番良いと思いますが、ウールやシルクとなれば、やはりそちらに特化した産地で探すべきなのです。

③に続く
-日本製の技術がすごい、とよく耳にすると思いますが一体何がハイクオリティなのか?といったことを、実際に私達が普段播州産地で感じるた体験を例にしつつ、具体的にお伝えできればと思っています。-

hatsutokiの商品はこちら→ONLINE STORE

播州織について①-播州織と西脇-

2016.03.19

播州織は兵庫県西脇市で栄えた織物の地場産業です。最近では地場産業やmade in japanを見直す風潮の中で播州織の名称が広がりつつあります。ですが「播州織の特徴ってなに?」とよく聞かれますので、何回かに分けて「播州織について」というトピックで連載します。どうぞお付き合いください。①は播州織の全体像とその中心の街西脇についてです。

播州織を一言で説明すると「綿で薄手の先染め織物≒シャツやブラウス用の生地」です。先染めとは読んで字の如く、先に糸で染めてから織る手法で、「チェックやストライプの柄を作れることが特徴」です。(逆に後染めとは、織った後に染める技法、布でドブンと染めてしまったり(その場合は無地の生地に)、プリントなども後染めです。)産地の人は、今でもギンガムチェックやロンドンストライプのシャツ生地を見たら播州織かな、と連想するほどです。現在でも国内に流通する国産のチェックやストライプシャツの50~70%は播州織と言われている程です。(しかし多くは播州で織られた後、アジアで縫製されるのでタグは「made in japan」にはなっていません。)チェックやストライプ以外にも、いわゆる「シャンブレー」と呼ばれる(タテ糸とヨコ糸の色を変える)無地の綺麗な織物や、トラッドなスタイルの代名詞オックスフォードなども定番です。上の写真は機屋さんから頂いた、古いノート。昭和41年頃ですが、受けた仕事の内容が事細かに記されており、上記のような定番以外にも風変わりな「ドビー」と呼ばれる柄を施した織物の記録が残されています。ノートをめくると今では機械がなくなり作れなくなってしまった貴重な織物の見本などもありました。

播州織の起源は200年以上前にとある大工が京都から織機制作の技術を持ち帰ったことが始まりとされています。その後農家の副業として地場に根付きました。1950年代〜70年代ころまでにはいわゆる「ガチャマン時代」と呼ばれ、ガチャンとは機械を動かせば1万円儲かる、と言われ最も景気が良かった時代です。西脇もこの時代が最も儲かった時代だったそうです。河になんと屋形船が出ていたり、全国から女工さんが集まり、中心の商店街は人で溢れてそうです。ちなみに女工さんの給食として開発された小ぶりで甘口の醤油ラーメンは「播州ラーメン」と呼ばれ今でも愛されています(西脇出身の方は播州ラーメンの味=ラーメンと思って育つので、外のラーメンをはじめて食べると衝撃を受けるそうです)。今も好景気の名残は少し街に残っています。当時の遊びばとしてスナックが並ぶ通りがあり今も残っていますし、大きなお屋敷も多いのです。

1980年代には生産量がピークを迎え、その後は右肩下がりに生産が下がります。1989年に1000件以上あった機屋(はたや:織物を織る工場、多くは家族経営の家内工業)が現在では180件弱となりました。とは言え今でも街を歩くとどこからともなくガシャンガシャンと機織りの音が聞こえてきたり、のこぎり屋根が街中に残っていたり。糸の染色工場の煙突からは湯気がモクモクと出ていたり。まだまだ織物の街は健在なのです。

②に続く
-もう少し踏み込んで具体的に産地の特性(長所・短所)について触れます-

 

hatsutokiの商品はこちら→ONLINE STORE

山のジャガード

2016.03.12

四方を山に囲まれた西脇の生活。日々の美しい景色にインスピレーションを受けてデザインを考えます。写真は新柄の生地を試織(ししょく:試しに織ること)しているところです。

毎朝、山の間をぬうように通勤するのですが山をよく観察していると、山の表情は四季折々に変化して季節の移り変わりを教えてくれます。春、4月の雨が止み気温が上がると、山は一斉に新芽を吹き、若葉色に染まります。夏になるに連れ、緑はどんどん深緑になり、夏が終わる頃に一番濃い緑になるのです。秋が来ると気温が下がるに連れ段々と茶褐色に。そして11月ころには紅葉し、1月頃になるともう枝だけの茶色い山になります。冬の朝は白いモヤが掛かって影だけになったり、霜が降り朝日できらきらと光ったり。夜に雪が振り突然雪化粧がかかったり。冬には冬の色がつくのです。

写真は来年の秋に登場する予定のジャガード織り。柄を自在に操れるのがジャガードの特徴ですが、西脇の急勾配な山(何故か西脇の山は急斜面で尖っています)の連なる景色と四季の色を表現しました。写真の色は秋、夕日で真っ赤に染まる山の色です。実はこの生地、織り上がった後にもう一工夫、仕上げの工程があります。手が掛かるのですが、他の織物では再現出来ないジャガードならではの表情に変化します。

山々

_murata

※追記
半年以上の歳月を掛けて商品が並びました。是非ご覧ください。

シルクジャガードストール 小¥15,000+tax

[レッド] [グレー] [カーキ][ブラウン]

シルクジャガードストール 大 ¥22,000+tax

[レッド] [グレー][カーキ][ブラウン]

透き通った生地

2016.03.03

透き通った、水のような生地は2016年春夏のメインビジュアルにもなっています。ですがこの素材、ものすごく難易度の高い織物でした。

「ボイル=強撚糸」と呼ばれる糸を使うことでさらりとした風合いを実現したのですが。細いコットンのボイルはとても切れやすい上に、切れるとバネの様にヒュルヒュルと縮まるのです。何しろ、糸が切れて切れて、全然織り進まないのです。通常の半分いかのスピードでしょうか。なんとか、織り上がった織物も次の風合い出しの工程では、ちょっとした機械の調整で破れてしまったり。

とても多くの方の苦労の末、やっと洋服になりました。この生地は特にそんな心持ちです。どうか良い人に大切に着てもらえたら嬉しいです。もうすぐオンラインストアでも公開予定となっています。どうぞお楽しみに。

 

_murata

渾身の「ミックスモクスカーフ」

2015.12.19

今季の渾身の一作!hatsutokiシャツの要である極細のコットンの糸を数十本も”束”にして、1本の太い糸を作るところから始まりました。異なる色糸を組み合わせた先染めならではの色の交わりは、何度も色の組み合わせを変えたり、撚り合せ、様々な杢糸(モクイト)を試作しました。同じ糸でも組み合わせによって無限のバリエーションが生まれます。何本もの細番手の綿糸が複雑に撚り合わさり、通常の太い糸では作り出せない、今までにない質感が完成しました。

その商品はこちらをご覧ください。
http://hatsutoki.com/shop/products/detail.php?product_id=420

Webマガジン「コロカル」でハツトキを紹介していただきました。

2015.06.25

山に囲まれ、綿を育てる。 産地発の新しい服づくり「hatsutoki(ハツトキ)」
http://colocal.jp/topics/art-design-architecture/secori/20150624_50260.html

マガジンハウスが発行するWebマガジン「コロカル」でハツトキを掲載していただきました。

素敵なタイトルから始まるこの文章を綴ってくれたのは、キュレーターの宮浦晋哉さん。数年前から何度も(多い時には月に2度も!)西脇に足を運んでくれています。西脇を自分の足で歩き、自分の目で見て、色々な人からリアルな話を聴く。そんな姿勢で素敵な紹介をしてくださいました。ぜひご覧ください。