播州織について①-播州織と西脇-

2016.03.19

播州織は兵庫県西脇市で栄えた織物の地場産業です。最近では地場産業やmade in japanを見直す風潮の中で播州織の名称が広がりつつあります。ですが「播州織の特徴ってなに?」とよく聞かれますので、何回かに分けて「播州織について」というトピックで連載します。どうぞお付き合いください。①は播州織の全体像とその中心の街西脇についてです。

播州織を一言で説明すると「綿で薄手の先染め織物≒シャツやブラウス用の生地」です。先染めとは読んで字の如く、先に糸で染めてから織る手法で、「チェックやストライプの柄を作れることが特徴」です。(逆に後染めとは、織った後に染める技法、布でドブンと染めてしまったり(その場合は無地の生地に)、プリントなども後染めです。)産地の人は、今でもギンガムチェックやロンドンストライプのシャツ生地を見たら播州織かな、と連想するほどです。現在でも国内に流通する国産のチェックやストライプシャツの50~70%は播州織と言われている程です。(しかし多くは播州で織られた後、アジアで縫製されるのでタグは「made in japan」にはなっていません。)チェックやストライプ以外にも、いわゆる「シャンブレー」と呼ばれる(タテ糸とヨコ糸の色を変える)無地の綺麗な織物や、トラッドなスタイルの代名詞オックスフォードなども定番です。上の写真は機屋さんから頂いた、古いノート。昭和41年頃ですが、受けた仕事の内容が事細かに記されており、上記のような定番以外にも風変わりな「ドビー」と呼ばれる柄を施した織物の記録が残されています。ノートをめくると今では機械がなくなり作れなくなってしまった貴重な織物の見本などもありました。

播州織の起源は200年以上前にとある大工が京都から織機制作の技術を持ち帰ったことが始まりとされています。その後農家の副業として地場に根付きました。1950年代〜70年代ころまでにはいわゆる「ガチャマン時代」と呼ばれ、ガチャンとは機械を動かせば1万円儲かる、と言われ最も景気が良かった時代です。西脇もこの時代が最も儲かった時代だったそうです。河になんと屋形船が出ていたり、全国から女工さんが集まり、中心の商店街は人で溢れてそうです。ちなみに女工さんの給食として開発された小ぶりで甘口の醤油ラーメンは「播州ラーメン」と呼ばれ今でも愛されています(西脇出身の方は播州ラーメンの味=ラーメンと思って育つので、外のラーメンをはじめて食べると衝撃を受けるそうです)。今も好景気の名残は少し街に残っています。当時の遊びばとしてスナックが並ぶ通りがあり今も残っていますし、大きなお屋敷も多いのです。

1980年代には生産量がピークを迎え、その後は右肩下がりに生産が下がります。1989年に1000件以上あった機屋(はたや:織物を織る工場、多くは家族経営の家内工業)が現在では180件弱となりました。とは言え今でも街を歩くとどこからともなくガシャンガシャンと機織りの音が聞こえてきたり、のこぎり屋根が街中に残っていたり。糸の染色工場の煙突からは湯気がモクモクと出ていたり。まだまだ織物の街は健在なのです。

②に続く
-もう少し踏み込んで具体的に産地の特性(長所・短所)について触れます-

 

hatsutokiの商品はこちら→ONLINE STORE

山のジャガード

2016.03.12

四方を山に囲まれた西脇の生活。日々の美しい景色にインスピレーションを受けてデザインを考えます。写真は新柄の生地を試織(ししょく:試しに織ること)しているところです。

毎朝、山の間をぬうように通勤するのですが山をよく観察していると、山の表情は四季折々に変化して季節の移り変わりを教えてくれます。春、4月の雨が止み気温が上がると、山は一斉に新芽を吹き、若葉色に染まります。夏になるに連れ、緑はどんどん深緑になり、夏が終わる頃に一番濃い緑になるのです。秋が来ると気温が下がるに連れ段々と茶褐色に。そして11月ころには紅葉し、1月頃になるともう枝だけの茶色い山になります。冬の朝は白いモヤが掛かって影だけになったり、霜が降り朝日できらきらと光ったり。夜に雪が振り突然雪化粧がかかったり。冬には冬の色がつくのです。

写真は来年の秋に登場する予定のジャガード織り。柄を自在に操れるのがジャガードの特徴ですが、西脇の急勾配な山(何故か西脇の山は急斜面で尖っています)の連なる景色と四季の色を表現しました。写真の色は秋、夕日で真っ赤に染まる山の色です。実はこの生地、織り上がった後にもう一工夫、仕上げの工程があります。手が掛かるのですが、他の織物では再現出来ないジャガードならではの表情に変化します。

山々

_murata

※追記
半年以上の歳月を掛けて商品が並びました。是非ご覧ください。

シルクジャガードストール 小¥15,000+tax

[レッド] [グレー] [カーキ][ブラウン]

シルクジャガードストール 大 ¥22,000+tax

[レッド] [グレー][カーキ][ブラウン]

2016春夏のアイコンチェックシャツ

2016.03.09

先日、2016年春夏の新作のビジュアルをcollectionページで公開しました。中でも、このチェックは今季のアイコンになっているチェック柄です。「みずみずしさ」が今季のキーワードですが、春から、真夏でも軽やかに着こなせるよう、生地感や色柄・パターンを設計しています。

さらりとしたタッチの生地感は、ボイルと呼ばれる、糸に強く撚りを掛けた糸を使用することで実現。肌離れよく、春夏向きの心地良い素材感なのです。空気の様に軽やかで、水の様に涼しげなシャツ。オンラインストアでも公開しております。

右側のストールは、コットンをベースとして、シルクを使うことで、素朴で上品なストールをデザインしました。Tシャツに軽やかに巻いて大人らしくもなりますし、逆にドレッシーな装いをカジュアルダウンする使い方も出来ます。この絶妙な風合いのバランスはコットンとシルクの交織ならではの雰囲気なのです。コットンのカジュアルさをシルクが洗練させ、シルクの敷居の高さをコットンが和らげてくれているのです。こちらも、これからの季節に丁度良くお召いただけると思います。

左:ボイルチェックシャツ(ベージュ)
http://hatsutoki.com/shop/products/detail.php?product_id=456

右:シルクチェックストール(ベージュ)
http://hatsutoki.com/shop/products/detail.php?product_id=452

透き通った生地

2016.03.03

透き通った、水のような生地は2016年春夏のメインビジュアルにもなっています。ですがこの素材、ものすごく難易度の高い織物でした。

「ボイル=強撚糸」と呼ばれる糸を使うことでさらりとした風合いを実現したのですが。細いコットンのボイルはとても切れやすい上に、切れるとバネの様にヒュルヒュルと縮まるのです。何しろ、糸が切れて切れて、全然織り進まないのです。通常の半分いかのスピードでしょうか。なんとか、織り上がった織物も次の風合い出しの工程では、ちょっとした機械の調整で破れてしまったり。

とても多くの方の苦労の末、やっと洋服になりました。この生地は特にそんな心持ちです。どうか良い人に大切に着てもらえたら嬉しいです。もうすぐオンラインストアでも公開予定となっています。どうぞお楽しみに。

 

_murata

定番のプルオーバーシャツ

2016.03.01

プルオーバーのチュニックは、ハツトキの定番のスタイルの一つです。丈はシャツより長くワンピースより短い、アクティブなイメージと身体の動きを追いかける様に美しく動く布が特徴。たっぷりと分量を取った布は身体の動きに合わせて空気の流れを作りつつ、皮膚と布の間に心地よい空間を作ってくれます。

古い写真集を見ていると、画家や作家や農夫や職人もこのような機能を持った服をよく着ています。20世紀前半では、男性が着ているイメージが強いのですが、ここ数十年で、パンツスタイルと重ね着する様になると独立した強い女性や働き者の女性が着ているイメージが強くなりました。日本式で言うなれば「割烹着」でしょうか。そこにあるのはやはりちょっと強気で、働き者のイメージですね。

ハツトキのチュニックでは、このように少し「強さ」をはらんだマスキュリンなイメージを繊細な生地感・ドレープを生み出す生地で仕立て、美しいアワビや茶蝶貝のボタンを使い、女性らしく上品でもあり、自立した強さ、自由さも感じるようなデザインにしています。

 

様々な生地でご用意しておりますので、是非ご覧ください。
http://hatsutoki.com/shop/products/list.php?category_id=24

冒頭写真の商品はバリエーションの中では比較的、素材の密度が良いタイプ。今の季節では一番おすすめです。またよりアクティブに着こなしたい方にも。グレイッシュなトーンで、ブルー、ホワイト、オレンジ。どれも深みのある先染めならではの色合い、ずっと見ていても飽きません。
http://hatsutoki.com/shop/products/detail.php?product_id=433

 

_murata

サテンパネルストール

2016.02.27

ストールの表面をアップしてみました。
糸が綺麗に並んでいるのがわかります。赤茶・ターコイズ・ベージュの糸で構成された柄です。
引きで見るとどんな柄なのかは、ONLINE SHOPへ。とてもシックな柄、質感のストールです。

とろける様な風合いが出るよう、織りの組織や加工を工夫しています。上質な綿の光沢は、シルクよりもギラギラしておらず、素朴で好きです。光沢があっても、なんとなくコットンの素朴さ、気張らない表情は残るのです。

色違いも販売中です。是非御覧ください。
サテンパネルストール

_murata

春がもうすぐ

2016.02.25

こんにちは、デザイナーの村田です。
最近、朝の寒さがすこし和らいできました。
もうすぐ春物の登場です。その準備に追われています!
毎回予想外のところで様々な問題が起き、そのたびに柔軟な思考とアイデアが必要で、鍛えられます
今回も沢山の山を乗り越え、なんとかみなさまにお届け出来そうです。

どうぞ、お楽しみにお待ちくださませ。

_murata

冬の朝

2016.02.22

朝、通勤途中の橋の上から。
西脇の冬の朝の景色は好きなのです。特に朝。街全体が霧に覆われていて、朝日が浅い角度から差し込むと金色のもやにな ります。あの景色は冬にしか見れません。山や畑や土手に霜が降りて光るあの景色も当たり前のような冬の景色ですが、来年までもうお預けです。こんな景色を 見ながら通勤する生活が贅沢だなぁ、とも思います。
と言いつつ、朝は寒すぎるので春が待ち遠しくもあります。

_murata

どこか懐かしいストライプシャツ

2016.02.21

どこかで見たことがあるような、はじめて出会うような、そんなストライプ柄をデザインしました。倉庫に眠る沢山の生地、無限にも思えるような膨大なパターンのアーカイブに思いを巡らせながら。

一見見慣れた柄であっても、新鮮な要素を残すことは常に意識しています。細いコットンを密度良く打ち込むことで、繊細なラインもくっきりと存在感を残してくれます。
柄をよく見ると、一本の赤茶色の糸で、青のストライプを囲んでいます。反対色に近い赤茶色が、青をより青々と魅力的に際立たせてくれています。

なんでもないような、少し特別なような、控えめで愛くるしいストライプシャツです。

_murata

ストライプシャツコートのご紹介

2016.02.13

鮮やかな色が恋しくなってきました。

ブルー?グリーン?なんとも言えないカラー。
コットンの軽やかで明るいシャツコートの出番がやってきそうです。
いよいよみんなが大好きな春。ドキドキ。

→ hatsutoki ONLINE STORE

_ono