ハツユキカズラ

2017.07.13

名前をみると、冬の植物なのかなと思いましたが、じつは春から秋にかけて咲く[ハツユキカズラ]。街の中を歩いていたら、家と道の境目で地面をおおっていました。白とピンクの部分は花ではなく、葉の部分。ピンク色から白へと、季節がうつり変わるのと合わせてゆっくりと色を変化させていくのだそうです。その様子から、花言葉も「化粧」「素敵になって」という白粉(おしろい)を連想させるようなことば。

植物を見ていると、季節をゆるやかにまたぎながら、ふとした瞬間に花を咲かせたり、色が変わっていって、日々刻々と、しっかり成長していただんだ、と感動してしまいます。いつも変わろうとしなければ、景色が大きく変わるくらいの変化はできないのだ!と日々を過ごすエネルギーをくれている気がするのです。

hatsutoki books vol.24 [blossom]

2017.07.07

7月の中頃まで、吉祥寺の古本屋・百年で展示を開催している、安藤晶子さんの[blossom]という作品集。彼女は主に、自分で描いた絵をピースにコラージュをして絵を作り上げています。ほとんどの作品が、ノートブック一冊分くらいの大きさなのですが、描きためた原画、それらを切り離したピース、絶妙なバランス感覚で配置されていくコラージュは、ぎゅっと密度が凝縮していて、なんだかおいしそうな果物のように愛おしい作品たちです。

コラージュという方法は、考えると日常のふるまいや過ごし方ともつながってくるものなのではないか、と考えるときがあります。自分がそれまでにこしらえた、ありったけの材料の中から一番ふさわしいものを、ふさわしい大きさに切り取って、ふさわしい場所に配置していく。どうしてもありあわせでは我慢できなくなったら、その場で作っては足していく。どんな材料を持ち合わせているかはそれまで自分が費やしてきた時間に付随するし、その時々でピースの見え方も変わってくる。そしていつの間にか、時間を重ねた「濃い」絵が完成する。安藤さんの絵には、そんな必然性と偶然性が隣り合った様な、ちょっとしたジャズのような感覚を感じられる気がします。

book2

そして、同時に面白いなと思うのは、一つ一つのピースはとてもシンプルであること。ある一定のパターンや柄の連続はモチーフも材料も、すごく身近で些細な何かだったりします。それらが組み合わさることで、小さい画面の中からでもどこか違う世界に連れて行ってくれる気分になるのです。

book2-3

「何でもない、けれどたしかにいとしい何ものか」「この世に、小さくてもみるべきものは、たくさんある。いくら大きくても、見なくていいものも、たくさんある」「何を見るべきかは、自分で決めていい」

そう言う彼女から生まれたものたちは自信のようなを持ち合わせていて、それを眺めるのはとても心地良いものです。

book2-2


東京の近くにお住まいの方は、ぜひ展示にも行ってみてください。展示スペースである本屋さんもいいところです。

[blossom]
期間:6月25(日)-7月15日(土)
場所:古本屋百年(東京都武蔵野市吉祥寺本町2-2-10 村田ビル2F)
時間:月曜日~金曜日/12:00~23:00
   土曜日/11:00~23:00
   日曜日/11:00~22:00
   火曜日/定休日

(百年のホームページに移動します。)

台風一過の夕方

2017.07.06

台風が過ぎ去った後の透明な空気や、眩しい光が子供の頃の記憶にありました。雨が上がって日が出たら、嵐が過ぎた安堵感もあり、なぜか少しわくわくして晴れやかな気持ちで外に出たことを思い出しました。台風一過という言葉を知ったのはその後のことだったと思います。

先日の台風の後、夕方から街中が見渡せる近所の山へ向かいました。水を得た草木も心なしか生き生きしていて、アスファルトの水たまりや店のショーウィンドウの水滴にもきらきらと光が反射して、街中が日常とは少し違う光景。台風一過の空は、風や雨で空気中のチリが吹き飛ばされ、澄んだ景色が現れます。きっと美しい夕焼けが見れるのではと期待しながら山道の階段に腰掛けて雲を眺めながら日の入りを待ちました。

播州織のストールとブランドの誕生

2017.07.05

播州織の産地では従来チェックやストライプのシャツ生地の生産地として繁栄した播州織産地なのですが、近年、播州織の技術を応用したストールの開発が産地内で盛んに行われるようになり、ストールのブランドがいくつか誕生する新しい動きが出はじめてきました。イベントなどで出展していると、播州織=ストールのイメージを持っている方も多く私達も驚くほど播州織のストールの良さが浸透して来ています。

そもそも、なぜ播州織の産地でストールが作られるようになったのか。実はストールが産地で作られるようになって実はまだもたっていない程、最近の出来事なのです。しかしこれは地場産業が時代の流れの中で大きく変化する切っ掛けであり、播州織の歴史のなかでも大変興味深い出来事でもあると思います。

兵庫県西脇市を中心とした北播磨地区で栄えた播州織は、綿を中心とした「先染め織物のシャツ生地」の産地です。先染め織物とは糸を先に染めてから織る織物の総称で、チェックやストライプなどがその代表例です。具体的に言うと例えば、ロンドンストライプやペンシルストライプ、ギンガムチェック、マドラスチェック、タッタソールチェック、無地であれば、シャンブレーやダンガリーと呼ばれるものであったり、オックスフォードなどもあります。ワイシャツからカジュアルシャツまでシャツ生地を中心とした生地が主流の産地なのです。もちろん現在も産地全体で見ればこれらの生地がほとんどです。

1980年代に最も栄えた播州織ですが、現在では国産の生地の多くはアジアでの生産に置き換えられてしまい、国産で生き残るには、日本でしか作れないものづくりが不可欠となりました。より付加価値の高い製品を開発すべく生地から製品まで完結してモノ作りをすべく取り組む企業が増えるなかで、生地の良さが最もそのまま商品へ影響するストールは、産地のブランドがその製品の良さをアピールするのにはぴったりでした。自分たちの「ブランド」ということも産地にとっては全く新しい取り組みでした。従来の産地の仕事は完全な裏方でしたので、発注があれば、その要望どうりに作る事が仕事でした。「ブランド」として、自ら、世界観や製品の付加価値を提案するような在り方自体がはじめての出来事だったのです。

初めて産地でストールが誕生したのは、もう7,8年前でしょうか。二人のベテランの職人さんが、旧式の織機を使い、産地で初めてストールを作ったのです。それは今までのパリッとしたシャツ生地とは全く違う、柔らかく、ふわりと空気を孕んだ優しい質感のものでした。しかも、もともとシャツに使われる素材は、細い糸の綿や麻が中心となっているので、設備や、職人の技術は、天然素材の柔らかいタッチのストール生地を作るのにはとても向いていたのです。

hatsutokiでは、ウェアとともにストールも制作しております。hatsutokiのストールの特徴は良質な原料で、細く繊細な糸使い。染められた糸の重なりによる奥行きのある色味は、じっと見つめるほどに魅力が増してきます。色味のコーディネートの合わせやすさやボリューム感にも細心の注意を払いデザインしています。通年使える、綿100%のストールから、春夏に心地良い麻混のもの、秋冬におすすめのウール混のものや、カシミアを織り込んだものもあり、どれも今までの播州織にはなかった新鮮な表情です。

播州織_ダブルフェイスストール
ダブルフェイスストール 12000+tax
綿100%の定番のストールです。細く繊細な色糸が混じりあって生み出される奥行きのある色味が魅力的な播州織のストール。通年使えて、どんな服にでも合わせやすく年間を通して一番人気のストールです。

播州織のストール_3
コットンリネンスカーフ 10000+tax
細く繊細なコットンをベースにリネン混の糸を織り込み、涼し気なリネンの節感が夏らしいストール。4方のキャメルオレンジの縁取りのアクセントが全体を引き締めてくれています。春夏シーズンでは一番人気です。

播州織のストール_2
ダブルフェイススカーフ 6000+tax
※オンライン限定
定番のダブルフェイスストールがオンライン限定の配色で登場しました。小振な90cm×90cmのサイズ感はスカーフの定番サイズでもあります。ちょっとした首元のアクセントにぴったり。ラフなスタイルと合わせればコンサバにも見えません。

その他にも、風合いの良い良質な天然素材のストールを多数そろえていますので、是非ご覧ください。
ONLINE STORE/STOLE/

hatsutoki books vol.23 [パイナツプリン]

2017.06.24

今回紹介するのは、吉本ばななのエッセイ[パイナツプリン]。『キッチン』で鮮烈にデビューしてから、作家として活動し続けてきた彼女の、初のエッセイ集。執筆した当時24才だった彼女の日常の出来事、友人や恋、作家について考えることについて。少女のようなあどけなさと、とてつもない落ち着きと冷静さを持ち合わせたエッセイは、まだどこか未完成でみずみずしさを感じます。

不安定な精神とデリケートな心を持ちながらも、家族や友人を愛し、やりたいことに前向きに取りくんで、人間らしく生きている。本当にいいなと思う。この言葉は、彼女が敬愛するスティーヴン・キングという小説家についてのエピソードから抜粋した、彼に対する思いを連ねた一節ですが、これはまさに、私自身が抱く彼女への印象。一人の作り手の、若き頃に考えていたことや目指していたものを知るのは、とても勇気をもらい、元気が出るものです。

また、この本で興味深かったのは、女性は「水分」が多くて変化が多いということについて書かれた部分。感情的な心の動きを、彼女は水の「揺れ」に例えていました。水が揺れるように、時に見ていてこわくなるような「瞬間美」のみずみずしさは女性の美しさなのだと。

これを読んで、「揺れ」はあっていいものなのだ、しょうがないのだ、とどこか救われた気分になり、それを以ってなお、たおやかにそれを乗り越えて、凛として毎日を過ごしていきたいなと思えるのでした。

WEEKEND TAKAHASHI STORE [徳島]

2017.06.23

今シーズンも、徳島はWEEKEND TAKAHASHI STOREにてhatsutokiのポップアップイベントがスタートしました!

こちらのお店の店長は、高橋利明さん。衣食住に携わる仕事に就きたいと建築士になり、関西から徳島へ移住し活動しているなかで、デザインされたモノを少しでも暮らしに届けたい、という思いから、全国から本当にいいと思ったモノを揃えた雑貨店をオープンしたのだそうです。

お店に並ぶのは、高橋さんが実際に会った人、あるいは知り合いの方が取り扱っているもの。hatsutokiとの最初の出会いも、彼が西脇を訪れたことから始まりました。現場を見て、モノが持つ物語を直接知っていただいたうえで、お客さんへ届けてくださっています。

モノが生まれる過程の、わくわくする気分を見ていただける方に感じてもらえるようなものづくりを私たちも続けていきたいです。

S__68247572


WEEKEND TAKAHASHI STORE

徳島市沖浜2-30(コール徳島店1F)
営業時間:6/23(金)〜25(日)10:00~18:00
6/26(月)最終日 10:00~※17:00

>>WEEKEND TAKAHASHI STORE facebook

ピクニックにお勧め[新宮晋 風のミュージアム]

2017.06.22

兵庫県三田市にある「風のミュージアム」をご存知でしょうか。県立の有馬富士公園内の一角に、12点の大きな風車のオブジェが置かれ、芝生にゴロンと寝転がりながら風に揺られて動く大きな風車をゆっくり鑑賞できる場所です。大阪や神戸からでしたら90分くらいの場所で、休日のちょっとしたドライブやピクニックにお勧めです。

野山に設置された作品は全て三田市在住の彫刻家 新宮晋(しんぐうすすむ)さんから寄贈された作品たちです。新宮晋さんは自分自身も三田の山の中に住み、水や風など自然のエネルギーを利用して動く機械仕掛けの立体作品を作り続けています。

風のミュージアムでは、野原に風が吹き抜けると、風を受けた様々な形の風車がそれぞれ動き出します。まるで人工物である彫刻が生き物であるかの様に、ゆっくりと大廻りで動くものもあれば、小さく早く動くものもそれぞれに個性的です。

風車を通して、わたしたちは、もしそれが無ければ感じることができなかった風をより身近に感じることが出来きます。そんな体験を通して、新宮晋さんの作品は人と自然のより良い関わり方を教えてくれているのかもしれません。晴れた休日に是非遊びに行ってみてください。有馬富士公園ではお子様の遊び場も沢山用意されているので家族でも楽しめます。


hatsutokiのウェアで休日のピクニックやドライブにお勧めのアイテムをピックアップしました。

oki_top

oki_top

サテンコットンのワンピースは、さらりとしていて夏にぴったり。ふし感のあるリネンのストールは涼し気な表情が夏にぴったりです。日除けや冷房対策にも、一枚もっていると重宝します。

Tops:サテンロングタンク/ベージュ/17000+tax
Scarf:コットンリネンスカーフ/ホワイト/10000+tax


風のミュージアムから車で15分ほどのところに、「Barnshelf」というとても素敵な雑貨店があります。
元は牛小屋だった納屋を改装して出来た空間にところ狭しと雑貨や本が並びます。
hatsutokiの商品も一部お取り扱いがありますので、是非立ち寄ってみてください。

[Barnshelf]
〒669-1515 兵庫県三田市大原1587-9
Tel : 079-558-7664
Fax : 079-558-7665
営業時間:11:00am~7:00pm
水曜日定休
HP:http://barnshelf.com/
Instagram:https://www.instagram.com/barnshelf/

梅酒の作り方

2017.06.20

西脇に住んでからというもの、季節が移り変わるごとに旬の野菜や果物をよくおすそ分けにいただきます。近頃は先日、いい香りのする青梅をいただきました。梅酒にしよう!と思い立ち、日曜日に仕込んでみることに。美味しくできるか、半年から1年ほど待たなければ分かりませんが……、今回は母から教わった作り方をのせてみます。よければ、初めての梅酒づくりにご参考ください。

[材料]
青 梅 1~1.2kg
氷砂糖 500~800g
ホワイトリカー 1.8~2リットル
(母曰く、ブランデーで漬けても美味しいのだそう。)

[作り方]
1.瓶を消毒します。
瓶に熱湯を少し注いで全体に回します。その後、水気を拭き、瓶の口を下にして乾燥させます。

2.梅をアク抜きします。
梅をたっぷりと張った水につけて1〜2時間。その後1粒ずつやさしく丁寧に水気を拭き取ってください。

3.へた取りをします。
竹串などを使って、梅のへたを取り除きます。

umeshu_top-4

4.梅と氷砂糖を瓶に入れます。
保存ビンに、青梅、氷砂糖を交互に2~3段に入れ、最後にホワイトリカーを注ぎ入れます。

ume__top

5.冷暗所で保管します。
ふたをして、温度差の少ない涼しい冷暗所に保存します。1年位待つとコクが出て美味しいそうです。ちゃんと待てるか不安です……。(味見といいながら、のんでしまいそう。)

あとは、待つのみです。私は大きい瓶がなかった為、ありあわせの瓶で材料を2つに分けてしまいましたが、大きな容器(3リットル位)で漬けたほうがきっと美味しいと思います。ちなみに、4までの工程を、少し小さめの瓶で作って(梅300gと氷砂糖300g位)、お酢を5ccほど入れたもので梅シロップも作ってみました。

umeshu_top-6

砂糖が溶けるように1日1回程度、瓶を上下にかえして、冷暗所で保存します。2週間ほどで飲み始められるのだそうで、炭酸で割って飲んでみたいなと思っています。夏にぴったりのドリンクになりそうで、楽しみ。

近所の花 vol.6[ガクアジサイ]

2017.06.19

梅雨のはじまり、青い花が涼やかで見るとなんだか気持ちが落ち着きます。今日は道端で咲き始めた[ガクアジサイ]について。

小さい頃、ガクアジサイを見ては「いつ花が満開になるんだろう」と待ち続け、いつの間にか夏の訪れとともに枯れていってしまった記憶があります。私が思い描いていた「満開」のアジサイは、てまりのようなポンポンとしたホンアジサイだったのですが、実はガクアジサイを品種改良して、のちに生まれたものなのだそうです。

花びらのように見える部分は、萼(ガク)のかたちが変化したもの。花は萼の中心にある、小さいものを指すのだそうです。それでてっきり、萼からガクアジサイという名前がきたのかと思ったら、それも違うのだそうで。萼の部分が額縁に見えることから額アジサイというのだそうです。そこから別名を「額の花」ともいい、夏の季語として古くから人々に親しまれてきました。

「額の花こころばかりが旅にでて」 (森澄雄)

額の花を見ていると、気持ちだけが旅に出たいと急いていると詠われた句。湿気が高く、ぱっとしない梅雨の季節、それでもたしかに、この花を見るとどこか気持ちが晴れやかになって、どこかへ出かけに行きたくなりそうですね。

34°58’40.5″N 134°57’52.9″E

instagram #ガクアジサイ

ふく蔵 [兵庫・加西]

2017.06.16

毎年、夏のはじめに開催している、ふく蔵でのイベントもいよいよ今週末までとなりました。hatsutokiがふく蔵でイベントを開催してから、今年でなんと5年目になっていました。

ふく蔵は、江戸時代創業の兵庫播州にある酒蔵「富久錦」に隣接したアンテナショップ。地元の素材と純粋な食材を使用したレストランや、日本酒などの販売、ギャラリースペースを設けてあります。兵庫県は日本有数の酒米の産地ですが、ここ、ふく蔵で出会える日本酒は、地元加西市でとれる良質のお米だけを原料に、ごく少量の純米酒のみを醸造して作られているのだそうです。

地元の素材を生かして作られたお料理やお酒は、その時々の季節を感じることができて、とてもおいしく、心が満たされます。私たちも、hatsutokiの服を着てもらう人にそんな気持ちを感じてもらえたら幸いです。

IMG_6084

最終日6月18日は16時ごろまでとなっております。みなさまのお越しを、お待ちしております。


ふく蔵
兵庫県加西市三口町1048
営業時間(shop&galleryスペース)
10:00~18:00(月~金) 10:00~21:00(土・日)
※連休の時の祝日のみ21時まで。お食事は別途ご確認くださいませ。
定休日 : 年中無休(正月を除く)
HP : http://299.jp/index.html