香草工房の畑を訪ねて vol.2

2018.11.01

畑では度々、同じ土地なのに光のあたり具合やちょっとした土壌のコンディションで、同じ種類のハーブでも育ち方が全然ちがうといいます。いくつかある畑に、少しずつ植えたりすることで「なぜここでは育ったのに、別の場所では育たなかったのか」「去年はだめだったものが、なぜ今年は同じ場所でもよく育つのか」と、疑問とその解決策を見つけていくことの繰り返しで、内藤さんの畑はできていました。

上の写真の花はハイビスカス。取材にうかがった十月がちょうど季節で、ハイビスカスの花は一日しか咲かないのだそうです。花が咲いた後につく実の真紅色をしたガクの部分がハーブティーなどの原料になります。


ハイビスカスの花


ガクの部分

一日しか咲かないと聞き、植物の儚さをあらためて感じましたが、そんな命の短い花はほかにもありました。


バタフライピー

青い花をつける、バタフライピー。これは花びらの部分がハーブティーの原料となります。花だけでなく、お茶になってもきれいな種類で、花びら独特の青さが美しいハーブティーです。毎日畑の変化に気を遣い、花々の咲く瞬間も見逃さない、丹念な世話が日々必要なのを実感しました。


[リラクシングレモン]

「天気などの条件で、出来栄えも毎年変わる。農業仲間と、農家は毎年一年生だと話しています」という内藤さん。

今もこの津山の地に合うハーブと栽培法を探し、試行錯誤の日々。自然と向き合って声を聞きながら、育てることは大変だけれでも、それが楽しさでもあると話されていました。

神無月

2018.10.31

十月が今日で終わりますね。今年は秋が長いように感じます。寒さとともに秋がいっそう深まっていく移ろいを、あと少しのあいだ感じられると思うとなんだかうれしくなりました。神無月とは、日本の暦で十月のことを指しますが、これは旧暦での呼び名なので実はこれからの一ヶ月のことをいいます。

神無月の語源を辿れば色々な説がありますが、もっとも有名なのは、日本中の神様が出雲大社に集う季節なので、神様が出かけていなくなることからつけられたという説。身の回りの風景や季節の変化からつけられたほかの月の暦とはかわって、いきなり神さまにまつわることを呼び名としてるので、すなおに昔の日本人の感覚とはおもしろいなと思います。

幼い頃、新潟の大きな社で一年に一回開かれるお祭りに行ったことがあります。本当かどうかは、私は今もわかりませんが、神無月に入る十一月はじめのとある夜、出雲へ移動する前に日本中の神さまが集うと信じられているお祭りでした。参拝客が集まって、真夜中の神社の空の下、願い事とともにろうそくを立てていて、あたりを見回すとろうそくの火が連なって、(文字どおり)火の海のような景色。異様でふしぎな光景に、ただ圧倒されていたのをいまだに覚えています。

神無月ときくと、二十年以上経った今でも、そのときの景色がふと頭に浮かびます。キンと冷える夜、火にあたると暖かくてうれしくなる、素朴な感覚も思い出したり。


冷え込みが増す季節。首もとから、体をあっためてくださいね。今年も、オリジナルのマフラーが登場しています。



[カシミアパネルマフラー]
¥22,000+tax



[バイカラーウールマフラー]
¥16,000+tax

産地でものづくりにこだわって作られた、コットンの靴下もおすすめです。わたしも毎週履いていますが、安心感があって、肌触りがとてもいいです。



[NISHIGUCHI KUTSUSHITAのソックス]
¥1,000~ +tax

近々、セレクトもあたらしくおすすめしたいものが登場するかも。今月も、こまめにチェックしてみてくださいね。

香草工房の畑を訪ねて vol.1

2018.10.22

汗ばむほどによく晴れた、秋空が美しい十月。岡山県津山市にある、香草工房さんの畑を訪れました。

かつては、ハーブとも農業とも全く無縁の仕事をしていたという代表の内藤さん。当時の仕事のなかで、アロマテラピーに出会うきっかけがあったのだそうです。ご自身が体調を崩した時期をきっかけに、自らハーブを栽培するようになりました。

そのときから、バジルとトマト、カモミールと玉ねぎなどを混植をしてみたり、とにかく実験を何度も重ねてきたのだそう。以来あれこれ試しながら、育てるハーブの種類が少しずつ増えていきました。


これは、畑に使っているたい肥。米ぬかと枯草のみを使用して作られた手作りの肥料です。取材しているさなかも、お話をしながら内藤さんは丁寧に肥料を手でほぐしていました。香草工房の畑は、農薬を使わずに、できるだけ自然に近い状態でハーブが生き生きと育っているのだといいます。

一見すると、どれがハーブで、どれが普通の草木なのかが見分けがつかないほど。そのなかを歩きながら一つずつ、ハーブの名前と効能を教えていただきました。


ネトル


エルダー

「ネトルとエルダ、この二つは相性がいいんです。」

それはハーブティーなどとして調合するときのみならず、混植すると互いに育ちが良くなるのだそう。これは、今回畑にうかがって驚いたことの一つでした。


ユーカリ


ペパーミント

相性がいいもの同士は、混植したほうがよく育つのだそうで、ネトルとエルダ同様に、ユーカリとペパーミントも一緒に植えることですくすくと生えていました。縦や横に一列に規則正しく並べるような人工的な配置ではなく、自然の距離感で相性によって共存する関係というのが、植物でも存在するのは奥深く思えました。


hatsutokiがハーブティーを探していたのはもう半年前くらいのこと。hatsutokiの服を着るときと同じような、安心感や幸せな気分を感じられるものを探し求めていました。その土地ならではのものづくりをしているというところに深く共感し、お取り組みがはじまりました。

飲む人が、心身ともに自分を癒し、いたわる時間になるといいなと思っています。これから寒くなる季節、贈り物にもぜひ。次回も引き続き、畑のお話。お楽しみに。

香草工房さんのハーブティー、今季も少し新しく入荷しています。ちょっとした贈り物にもぜひ。一つずつが小分けなので、お気軽にいろんな味を試してみてくださいね。


[ハードワークサポート]


[リラクシングレモン]

hatsutoki books vol.33 [夜中の薔薇]

2018.09.24

この秋一番にご紹介する本は、向田邦子のエッセイ集[夜中の薔薇]。先日、古本屋で並んでいたすがたをみて、うつくしいと思い、つい手にしてしまいました。

今の時代でも、女性の生き方のあこがれとして語り続けられる彼女。子どもの頃のみずみずしい追憶、仕事と共に駆け抜けた二十代の出来事、四十代を終えようとする当時に考えることまで、彼女の人生のエッセンスになったことを想像させてくれる話が50あまり、連綿とつづられた随筆集になっています。

「恐れと、むなしさを知らず、得意になって生きるより、それはずっとすばらしいことだと思います。
どんな毎日にも、生きている限り「無駄」はないと思います。「焦り」「後悔」も、人間の貴重な栄養です。いつの日かそれが、「無駄」にならず「こやし」になる日が、「あか」にならず「こく」になる日が、必ずあると思います。真剣に暮らしてさえいれば-です。」

なんてことが言えるのは、この時代までをパワフルに、凛として駆け抜けてきた彼女だから説得力があるのよね、と思いつつ、読むとどこか救われた気分にもなりました。

話は最初にもどりますが、この本の装丁を担当されたのは、司修さんだそうです。カバーを外した表紙も、とても手が込んでいて、すてきなつくりでした。

この本が出版される2ヶ月前の1981年8月に、向田さんは飛行機事故で亡くなりました。これはただの個人的な見方ですが、装丁のほか、裏表紙や扉絵などこの本のすがたから、編集者さんたちやこの本に関わる方の向田さんを悼む気持ちと愛を感じます。

instagram #hatsutokibooks

夏がゆっくりと過ぎてゆく

2018.08.21

夏の終わりが近づいているようです。日中は、まだまだ残暑が厳しいですが、夜と朝の空気はすっかり変わってしまいました。エアコンの無い生活を4年ほど続けているのですが、季節を察知する肌のセンサーが研ぎ澄まされるようです。地球から見た太陽の軌道が誰にも気づかれないくらい少しづつ毎日変化していくように、ゆっくりと徐々にうつろう季節のグラデーションを感じ取るのが上手になって来ました。

この力強い雲と青空、光と影のコントラストは徐々に柔らかい輪郭に変わって行くのでしょう。子供の頃から変わらず夏の終わりはいつも少しさびしいものですね。ふと気がつけば知らぬ間に、まだ青い、柿や栗が大きくなっているのを見て夏がゆっくりと過ぎてゆくところなのだと確信しました。

 


 

今年は、梅雨明けが早く、一番暑い時期も少し早かったですね。涼しくなるのも早いのでしょうか。少しづつ、秋におすすめしたい商品が届いて来ています。秋と言うにはまだ気が早いような感じがするのですが、どうぞ先の季節の楽しみにご覧いただければと思います。

 


[チェックワンピース]

柔らかいラインで構成されたオンブレーチェックのシャツワンピース。長い丈が生地の美しさをより一層引き立ててくれます。


[ハーブティー (レモングラス)]

夜、涼しい風が吹いたら温かいお茶が飲みたくなりました。冷たいものばかり飲んでいた反動でしょうか……レモングラスと、セントワズジョンズをブレンドして飲むのがおすすめです。

MATIN et ETOILEの石鹸

2018.08.06

薬剤師である作り手が肌の弱い姪のために作りはじめたという[MATIN et ETOILE(マタンエエトアル)の石けん。今年からhatsutokiのオンラインストアでお取り扱いがスタートしました。出会いは一年前、hatsutokiのメンバーが使い、おすすめしあっているうちにみんなが気に入って使い出したことから始まりました。敏感な肌にも使える成分でありながら、楽しい、心地よいといった気持ちが感じられるような成分や香りが調合されています。

自然のままの植物のちからを閉じこめたプロダクトは、香りを愉しむことができ、使っているときに心地よく、肌への負担がなく、無理なく続けられる安心できるもの。やさしさと上質さが兼ね備えられた石鹸は、使っていて心から心地よく感じます。

ふわふわのやわらかい泡とともに広がるさわやかな香りは、オリーブオイルをはじめとして、すべて天然精油が使われています。保湿力の高いホホバオイル、ココアバターと天然保湿成分グリセリンなど細やかな配合へのこだわりで、洗った後が心地よく、また使っていくことで安定した肌を保ちます。肌のためにつくられたシンプルで特別な石けんは、乾燥肌や敏感肌の方でも安心してご使用いただけます。

原料として使用しているものはすべて天然由来のものなので、石けんを使った後の水は分解されやすく、環境負担を軽減できるよう考えられているのだそうです。洗い終わりの水が、自然にもどることを知ると、使っていてもどこか満たされた気分になります。

洗い終わった後も、しっとりとした感触。顔を含め全身でお使いいただけます。香りがしっかりとありますので、ワードローブやタンスに入れて、衣類に少し移る香りを楽しんでから使っていただくのもおすすめ。また、枕元に置いて、香りを楽しむこともできます。

いろんな方に、いろんな使い方で楽しんでいただきたいと思います。贈り物などにもぜひご利用くださいね。


お取り扱いしている香りは全部で三種類。


爽やかな甘さで落ち着きを感じる[YELLOW]は、果実とそれを囲む鮮やかな花々の香り。レモン、ローズゼラニウムがやさしく香ります。


爽やかな香りから、落ち着く木々の上品な甘さへと変化する[WHITE]。朝の始まりや、太陽のにおいを連想するような香りです。

飾り気のない自然の緑を感じる、薬草を思わせる香り[GREEN]。ほっと安心するような、若葉のにおいは夏にぴったりです。

お気に入りの香りを見つけて、素肌もすっきりと心地良い夏をお過ごしください。

[商品一覧へ]

手洗いでお洗濯

2018.07.19

hatsutokiのオンラインストアでは、国内で作られた天然由来の洗剤[LIVRER(リブレ)]のお取り扱いがはじまりました。動くごとに汗が流れる季節。お洗濯の回数も増えてくる季節ですよね。

hatsutokiでは、これまでデリケートな素材に関してはとくに手洗いをおすすめさせていただいてきました。ですが、いったいどのような要領で?洗剤の量はどのくらいだろうか?そんな疑問も自分自身が洗うなかで出てきましたので、今日は手洗いについて、少しお話できればと思っています。

リブレの洗剤は、自然由来の成分で調合されているだけでなく、洗浄力も抜群にあります。また素材を傷めず、柔らかさを与えてくれるので、なんと柔軟剤が要らないのです。ためしに、柔軟剤抜きで洗ってみたのですが、おどろくほどにふんわりとした仕上がりになりました。

[手洗いの方法]
リブレの洗剤をご使用いただく場合は手洗いだと5リットルに5ccの割合で十分です。洗剤を溶かした水に、3分間つけてもみ洗いします。手のひらで押したり、持ち上げたりしてやさしく押し込むように少し圧力かけ、さいごは軽く手でしぼります。

そのあとは濯ぎを洗濯機で行います。濯ぎに柔軟剤はいれないで下さいね。脱水は3分ほどで少し濡れた状態でOKです。その後、ハンガーで干して自然乾燥。

色柄ものを同時に洗っても色移りしません。ストールなどは数点一緒に洗っても大丈夫そうですね。


hatsutokiのオンラインストアでは、2つの香りをお取り扱いしています。爽やかな柑橘系の香りの[ベルガモット]と、森の中からヒノキが香るような[フォレスト]。

どちらも600mlで、洗濯機では20回ほど使えます。大切なお洋服用としてもおすすめです。夏のお洗濯のおともに、ぜひどうぞ。

  • [リブレ洗濯用洗剤 商品詳細へ]
  • 夏のジンジャーエール

    2018.07.18

    西脇は夏バテしてしまいそうなほど、暑い日々が続いています。機屋さんに出向いても、まるでサウナ状態。こんな毎日がこれからまだ当分続くと思うと、気が遠くなってしまいそうです。

    その一方、暑さを感じる分、冷たいものがおいしく感じる季節でもありますね。麦茶、アイスコーヒー、アイスクリーム……今日はメンバーが自家製の生姜のシロップ漬けを持ってきてくれて、それを炭酸水で割って飲みました。ごくごくと一気に飲み干してしまうほど、からだの先まで冷たくなったように美味しかったです。優しい味と、ピリッと締まるスパイスの風味、透明の水、すべてがとても夏らしくて、飲んだらとても元気になりました。今日は自家製ジンジャエールの作り方、紹介します。暑さに乾いたからだが一気にうるおいます。ぜひお試しください。

    1.生姜を2ミリ程度に薄切りスライスする。

    2.生姜と同じ重さの量の砂糖を準備。(優しくまろやかな三温糖がおすすめ。)

    3.シナモン1本ほど、ホワイトペッパーとクローブ(粒状のものをそれぞれ10粒くらい適量)準備。
    ※辛口がお好みの方は、唐辛子もいれるといいそうです。

    4.全部を小鍋にいれて、浸るくらいの水を入れて煮詰めること20分。ジンジャーシロップの完成!
    (煮すぎるとスパイスの風味がとぶので要注意。)

    5.シロップに炭酸水を注ぎ、ジンジャーエールの完成です。


    オンラインストアではキッチン関連のアイテムが、今季から少しずつ増えています。


    [キッチンクロス] \3,000+tax


    [マグカップ] \1,600+tax


    [ハーブティー](これも水出ししたら、おいしそうです。) \500+tax

    しっかり食べて、しっかり飲んで、夏バテの体をこまめにいたわって下さいね。

    vent de moe の扇子 (インタビュー)

    2018.07.12

    vent de moe(ヴァン・ドゥ・モエ)とhatsutokiのコラボレーションによる扇子のお取り扱いがスタートしています。扇子というプロダクトに着目した稀有なブランドvent de moeはどのように誕生したのか。そしてこの美しくて儚く、どこか懐かしい世界観はどのようにして作られたのか。 デザイナーの小林萌さんに5つの質問に答えていただきました。

    ◆なぜ扇子をデザインしようと思ったのですか?

    小学生から続けている唯一の特技。それが手縫い・手刺繍・手作業です。 専門的な技術を持っているわけでもなく私にあるものは「動かせる手先」 それしかなかったのです。子を出産し、これからの仕事を人生をどうしていこうか。と考えた時、 私は「自分の棚卸し」をしました。そこで残ったこと、それが「手先」と「脚」。 脚を動かせばどこへでも行けて、行った先で専門的な知識を持っている方に お力を頂戴すればいい。そういうことを考えました。

    わたしの最大の手先で、職人と共にプロダクトをつくりたい。しかも、まだ人々がみていない新しい景色を描きたい。たどり着いたところは「扇子」というちいさな舞台でした。その時、なにか空気を変えたくて、、と、近所の花屋に入りました。 そうしたらお店の方がこう接客してくれたんです。 「それは朝晩光の具合で閉じたり開いたり、こっちは少しロマンティックなレースの花弁みたいでしょ。ここの角度からみると頭を垂らした白鳥のようで。 この子は本当に長く愉しめるのよ」 私はそのとき、これだ!と胸に深く染み込んでくる確信的な何かがありました。vent de moeの扇子、それは各々に個性がある花のような存在になれたら。私たちの日々を応援してくれるような、鞄の中で踊り続ける「枯れない一輪の花」になることだと。

    ◆vent de moeで大切にしていることを教えてください。

    「扇子」というちいさな舞台で、わたしはすべての商品を最大限の手作業で作ること。ちいさな花弁があしらわれた刺繍扇子のラインも、一枚一枚花弁を切り出して、その時の感覚で水玉の刺繍を加えたり、線画のようなステッチを加えたりして1点ものを多くつくりました。 ちいさなものがくっついている扇子をみて、「癒されます」とか「vent de moe が生まれてきてくれてありがとう」と、もったいないぐらいのお言葉をいただいて。でも、わたしができることはここなんだろうなと思いました。扇子って、言ってしまえば必需品では決してないのだけど、持ってもらうことによって、強くなったり、穏やかな気持ちになれたり。そんなパワーを放つプロダクトで在ることを大切にしています。

    消費社会に振り回されそうな私たちは、消費したくないのに経済に消費しろと言われたり、さまざまな商品が溢れ変える日々にすっかり疲れている気もします。こんな強く言うのは大変おこがましいですが、vent de moe の扇子を持ってみたらみている風景が変わった。なんてところを目指したい。あとは、そのプロダクトを人々の生活に取り入れて頂ける価格を付けてあげること。それが私の使命だと思っています。生活の中に流れる風なのだから、かけ離れてはいけない。少し遠くに住んでいる友達に会いにいくために、我が子を送り出してあげる。そこまでしてあげたい母のような気持ちを持つことを大切にしています。あと、重要なことを忘れていました!はじめての取り組みも勇敢に!これが私のモットーです。

    ◆刺繍や図案、ブランドの世界観のインスピレーションはどこから来るのですか。

    何もない田舎育ちが故に、周りに転がる実や草花、外壁の剥がれや、束ねて捨てられた庭木の枝も、私にはすべてがオブジェクトでした。そんな感覚が幼少期のからだに染み付いて今に至っているというか。気付いたら、その感覚は大人にならず、未だ私の身体のどこかに在り続けていて、脳みそにも染み込んでいるのか、そこから神経伝達で手先に命令が来ます。そんなイメージです(笑)。あと熱烈に影響をうけた、祖母の記憶ですね。杏の実はすっぱいとか、クルミの実は果実で包まれているとか。花の名前、ステッチの種類、月の周期、雲のよみ方、それらを教えてくれたのが祖母でした。今回作った扇子にも、この感覚に背中をおしてもらって沢山のモチーフを詰め込んでいます。

    ◆東京から松本に拠点を移し生活やものづくりにポジティブな変化があったか

    隣の芝生は青い、、でも森や山がもっと青くて、夜は青さも混ざった深い紺色になるので周りを気にしなくなりました。つい住んでいる環境に見入ってしまうぐらいで、素晴らしい風が松本には吹いています。そのため、物質的に許す時間はとても集中して製作に臨めるようになりました。あとはとてもシンプルに、野菜が美味しかったり、アゲハチョウの羽化に立ち会ったり、雪どけの風がそよぐ夜が気持ちかったり、月にかかる雲のゆらぎを楽しんだりしています。この前なんて、家族が猿の親子に遭遇して写真をみせてもらったのですが、とっても笑いました。

    あとは子育てをしながらこの仕事をしているのですが、子育てに対してもとてもポジティブになりました。ママは出張だけど、山や川が相手をしてくれたり、空も広いから包まれている気持ちになっているかな?私自身、東京での子育ては少し息詰ることもあったのですが、松本に移ってからはストレスが一気になくなりました。

    ◆今後の夢を教えてください。

    私たちのすぐそばにある風。変化に伴って新しい風を起こしてくれたり、すうっと日常のあいだに風は流れています。山から降りてくる雪どけの風は夏の私たちの身体に染み渡る存在です。vent de moeの扇子も「ああ、また夏に会える」と人々に思い出してもらえるような、、夏にスイカがもうすぐ食べられるなあと、口の中がじわじわする感覚(笑)。そんな存在になることです。
    切実な夢は、街中でvent de moeの扇子をつかっている人を見かけること! それと私自身の夢は、可愛らしいおばあさんになることかなあ。

     


    ハツトキのテキスタイルを使ったコラボレーションの扇子。持っていれば、涼しげな夏を迎えられそうです。是非御覧くださいね。

     


    [vent de moe/扇子(雨の次の日)]


    [vent de moe/扇子(まっかな頬)]

    それぞれの扇子に付けられたチャーミングな名前もとても素敵です。

    → [扇子の商品一覧ページへ]

    hatsutoki books vol.32 [WHITE MOUNTAIN]

    2018.07.10

    韓国の画家、Eom Yu JeongのZINE「WHITE MOUNTAIN」。 2013年春、アイスランドにアーティストレジデンスのプログラムで40日間滞在した間、 雪山やその場所に住む人達を描いた絵がおさめられています。

    滞在のなかで、その小さな村に暮らす人々を描きはじめたものの、次第に人間よりもそびえ立つ雪山の存在に心を奪われたというEom Yu Jeong。前半はモノクロームのドローイングによるポートレイト、後半は刻々と表情を変える雪山のペインティングが並びます。

    アイスランドの空気や山の静寂さ、人の素朴な暮らしが伝わってきそう。線画も、絵の具を使った面の描写もどちらも個性的で、うつくしいドローイングです。

    また、彼女はアイスランドに滞在中、アニメーションも製作していました。北部にあるの小さな海沿いの町を結ぶただひとつのトンネルをモチーフにした作品。両側で起こる天気の劇的な変化を描いたアニメーションからは、静かに降りゆく雪や、大きく揺れる波が映って、土地の厳しい自然をも感じられます。

    Tunnel from slowdream on Vimeo.

    西脇は、連日続いていた雨もようやく上がって、日差しの強い日々がやってきました。そんななかでも、眺めているだけで、ひんやりと涼しい空気を感じられそうな一冊です。

    instagram #hatsutokibooks