hatsutoki books vol.30 [「生活工芸」の時代]

2018.05.08

「20世紀という重く大きな時代が終わり、新しい世紀が訪れた、ちょうどその頃に始まる話です。この10数年を、僕たちは「生活工芸」の時代と呼んでみることにしました」。そう呼ぶことで、自分たちが生きている時代の価値観や暮らしを俯瞰してみようと試みた一冊。「生活工芸」に関して、陶芸家や編集者、デザイナーや骨董屋の店主、茶人など十三人それぞれの考えが寄せられています。読んだ後にその輪郭が少し浮かび上がってみえました。

私たちも普段、生地や服を作るとき、ものの背景が伝わるような伝達を心がけ、ものづくりの透明性を意識しています。手仕事ないし職人仕事の生活道具がグッと身近な存在になり、それとともに、生活そのものが大きな関心事になった時代だからこそ、その思考に対する歴史的な経緯や、社会状況の影響と共に今の時代を理解したいと思いました。

工芸、民芸について「用の美」という価値を見出されて、語られることがしばしばあります。興味深いなと感じた内容の一つが、実は「用」には二つの側面があるのではないか、という考え方でした。その一つは目に見える具体的な機能美。もう一つは「目に見えない抽象的な作用」。この物が傍にあることで落ち着きを得られる、あるいは背筋が伸びるというような体験をさせてくれるものです。骨董屋の店主は、水留めの処理をしていない器を買ったお客さんは「これをお皿として使うのではなく、土が身近にあった故郷を思い出すために手元に置きたい」と言って、買って行かれたことを例にあげていました。

「生活することは、どこへも行かないまま、遠くに行くことだと思います」。目に見えない「用」を言い換えると、こんな語り方もできるのだと思いました。台所を工夫して、気持ちよく家事をできるようにする。あるいは、暮らしの中でなんでもない時間に椅子に座っている間も含め、そんな日常の経験の中でも旅が自分を作るのと同じように、自分は作られているんだという言葉が、腑に落ちたのです。

結局、私たちは生活の中で旅をしているんだなあと。そのための服、そのためのハンカチーフ、そのための食器。ものとの出会いを一つずつ大切にしながら、旅をしてもらえるようなものづくりをしていきたいです。この季節からhatsutokiは洋服とその周りにある生活品も一緒におすすめしたいと思い、オンラインの店頭に並べはじめました。一つずつ試しながら前に進んでおり、お取り扱いのペースはゆっくりですが、使う人の日々がよりゆたかな旅になるようなものを揃えていきたいと思います。

ぜひ、ご覧くださいね。

>>オンラインストアへ

instagram #hatsutokibooks

初夏の緑

2018.05.06

五月に入り、山が青々としてきました。上を見上げると背の高い木々が風にゆさゆさと揺れていて、葉音がとても心地よく感じました。同じ音でも、川や緑から聴こえる音ってなぜこんな心地よいのでしょうね。きっと人にとっては古くからの記憶で、ずっと聴きなれている音なのだからでしょうか。



目に映ると心地よく、やさしい印象をもつやわらかなグリーンのアイテムをご紹介。初夏にぴったりの色合いを、ぜひご覧くださいませ。

HS-22PO-01B-GR_top
初夏らしい、淡いグリーンのテキスタイル。
ツイルオーバーブラウス


IA-00KI-02-BE-01

お花のパーツをかたどったkikkouジュエリー。
KIKKOU ピアス


JS-00GD-01-GR_top

しなやかな触り心地の、影織のハンカチーフ
影織 ハンカチーフ

風の色

2018.04.17

ふと家の近くの県道脇で雑木林に目に止まりました。ついこの間まで、枯れた枝と霧が立ち込める白黒の林だった筈が、朝の柔らかい光を浴びて細やかで淡い色彩で彩られていました。夏の力強い色やコントラストとはまた違う春の穏やかな色でした。

春の朝、思わず暖かいととてもほっとします。日の光は暖かく、空気の冷たさはその破片をかすかに感じるくらいで、冬はもう殆ど追いやられてしまったのが分かります。そして甘い花の香りを乗せた風は淡いピンクやグリーンを私の記憶に残してくれました。木の枝からはついに若葉が飛び出してきて、山を淡い色で染めていっている様です。

 


 

花は咲いては枯れ、また違う花が咲き、季節がどんどん過ぎて行くのが分かります。もう四月も後半に差し掛かりすっかり春らしい陽気になりましたね。
春の風をモチーフにした素材の新作や、素敵なアクセサリーもお披露目しています。どうぞご覧ください。

HS-22PO-01B-GR_top
淡い春の風をモチーフにした色のテキスタイルです。
>>ツイルオーバーブラウス

IA-00KI-01-P-01
雌しべの様なフォルムのkikkouジュエリー。
>>KIKKOU ピアス

JK-22PO-01_top
雨をモチーフに、「ドビー」と呼ばれる技法を用いたテキスタイルのシリーズ。
>>雨ドビーチュニック

大丸神戸店にてPOP-UP STOREを開催

2018.04.07

今季も、大丸神戸店にて期間限定でhatsutokiのイベントを開催致します。今シーズン初めて、春夏のワードローブをお披露目。各週の土日のお昼頃はhatsutokiのスタッフも店頭におります。皆様にお会いできますこと、楽しみにしております。

「自然豊かな播州の織物 hatsutoki 展」
会場:大丸神戸店7F メゾンプリュスレコメンド
日程:4/11(水)〜4/24(火)
時間:10:00〜20:00 ※最終日は18時で閉場

春らしいイエロー

2018.04.06

なぜだか黄色を目にすると、ふと元気が出るような気分になります。レモンや柑橘の色だからなのか、春に咲く花々の色を連想させるのか、色で人はこんなにも感情が作られているんだと、いつも黄色を目にすると気づきます。

20180406_top
春先の菜の花を思い出させるような黄色で、この春新作のスカーフを作りました。軽やかな風を感じさせるような風合いは、コットンと麻で織り上げられ、夏にかけても身につけていただけるような肌離れのよい触り心地です。
[コットンリネンパネルストール] ¥10,000+tax

 

20180406_2_top
朝夜がまだ肌寒い季節は、少し大判のコットンストールもおすすめ。肩からかけて、羽織のようにもお使いいただけるアイテムです。
[パネルチェックストール] S ¥9,000+tax L 14,000+tax
季節の変わり目、少し新鮮な色を身につけてお出かけしてみても良さそう。少しずつ新作もアップされていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

花と時間

2018.04.01

西脇では今週桜が満開です。すっかり春らしい気候になって、桜だけではなく家の庭や河川敷、近所の山では至る所で一斉に椿や雪柳、花桃など様々な花が咲き始めました。庭で良い形の枝を見つけては少しだけ切り、家の食卓や事務所の窓際に生けます。凄い速さで過ぎていく年度末の忙しい時期も、花の周りは不思議とゆっくりとした時間に包まれていて、早くなり過ぎている私達の時計を元に戻してくれるのです。

「生け花」と言うのも良く出来た言葉だなあと思いました。切ってしまうのだから、むしろ殺している筈なのに……。人の自分勝手な解釈なのかもしれませんが、切り花が水を得て綺麗に咲き私達を楽しませてくれるのを見ていると「生ける」という言葉の感覚が腑に落ちてくるのです。

 


 

ピンクの優しいカラーのアイテムが公開されています。春がいっそう楽しくなりそうです。是非ご覧ください。

ST-22SH-07-W_top
>>ランダムストライプシャツ

HS-00ST-04-P_top
>>[ONLINE限定]ダブルフェイススカーフ

IA-00KI-01-P-01
>>KIKKOU no.75 pair pierce

春夏のPOP-UP STORE情報を更新しました。

2018.03.14

今年の春夏に開催するPOP-UPイベント情報をアップしました。だんだんと暖かくなっていているこの頃、四月からの日和は、hatsutokiの服を着るのにぴったりの時期になりそうです。7月のコトバトフクでのイベントでは、春夏のアイテムに加えて、一足早く秋冬のアイテムを一般のお客様向けにお披露目する受注会も同時に開催する予定です。お店で、このような催しを行わせていただくのは初めて。今からとても楽しみです。

期間限定のお店は、普段お店を持たない私たちにとって、お客様に直接お手にとってご覧いただける特別な場。皆様にご覧いただけるのを心から楽しみにしております。ぜひお越しくださいませ。

>>イベント情報はこちら

アレンジワインダー

2018.03.09

抽象画のようですが、これは経糸のつなぎ目。アレンジワインダーという経糸をつなぐ技術を使っています。もとは大量生産が主流だった時代、次の経糸を載せ替える時間が惜しいほど機場が忙しく回っていたので、その手間を減らそうと複数の縞模様の経糸を一つのビームに整経して巻いたのがこの技術の始まりでした。

winder_02-1

これからの時代は小ロット生産にも対応できるようにと、再び着目され始めています。先染め織物の産地としてこれからもつくり続けるのには、必要な技術なのかもしれません。そして、この方法によってこれまでにはなかった織物が作れる時がくるかもしれない、と思うと胸が踊ります。

有松絞り

2018.02.21

先日、愛知県の有松へ行きました。東海道の通り道であるこの町は、かつて茶屋町として栄えた時の趣が今も感じられるような美しい家並みが続くところでした。家々の軒先には「ありまつ」の文字。よく見ると、絞りがほどこされて染められたものです。

0220-2

この地は江戸時代の初期から絞りの産地として栄えてきました。旅人が故郷への土産にと絞りの手拭、浴衣などを買い求め、これが街道一の名産物となったのです。人の手で行われる独特の染め具合が美しい絞りは、今も職人さんによって受け継がれています。上にある、斑点模様のようなものが写った写真は、絞りをどこにほどこしていくか目印を付けた「絵刷り」をされた状態のもの。この絵のための型作りから、昔から職人さんが一つずつの点を手で打って作っていました。

0220-5

それを次に、一つずつ手作業で絞っていきます。私の祖母は愛知の生まれなのですが、実は幼い頃にこの仕事をしていたのだそうです。それを知ったのは、本当につい最近でした。生活に必要なお金を稼ぐために、祖母のほかにも十歳前後の女の子や、お年寄りの女性がみんなでこの絞りの作業をして働いていたのだそうです。この時、現場にいらして技を見せてくださった方も、この道50年以上の方でした。

0220-4

絞りというと、表の括られた状態はよくみますが、これは裏側。絞られた表情も美しく感じます。この状態のものを染液に浸けて、生地を染めていきます。最後に、括られた部分を解くことで染め分けられた部分が出てきて、きれいな模様が現れるのです。

0220-3

伝統の絞り技法は100種類にも及ぶのだそうで、ここ有松とお隣の鳴海では日本の生産量の90%以上を占めています。今もなお多様な種類の手法が職人さんによって編み出されています。一つひとつの模様の偶発性と高い技術から生まれた、独特の染め上がりに思わず息を飲んでしまいました。そして西脇と同様、有松の産地でも若いデザイナーたちが古くからの技術を今に伝えようとものづくりをして暮らしていました。新鮮な視点からアイデアを生み、時代の流れに沿ったデザインをすることで、自分たちもものづくりをしていきたいとあらためて感じました。

EVERYTHING FROM JAPAN

2018.02.20

EVERYTHING FROM.JPというサイトにて、hatsutokiの商品をご購入いただけるようになりました。これまではご対応できなかった国外の配送が可能になります。日本の良いアイテムを販売するこのサイトでは、ファッションの分野のみならず、様々なジャンルのモノづくりが丁寧に紹介されています。hatsutokiでは、定番で扱っているラインナップをご紹介!春に着たい洋服もこの度、追加いたしました。海外にお住まいの方や贈り物にも、ぜひご活用くださいませ。

We had started to sell our products on EVERYTHING FROM.JP. This site is an international online shopping site. Both customers living inside or outside Japan can shop on this site. Products can be delivered to the whole Japan and over 120 countries. We just uploaded our spring items on this website. Please check it out!