vent de moe の扇子

2018.07.06

自由でコンテンポラリーな扇子ブランド、vent de moe(ヴァン・ドゥ・モエ) とハツトキのコラボレーションによる扇子のお取り扱いが始まりました。vent de moeの扇子はすべて京都の職人の手によって一つ一つ作られ、デザイナーの手仕事によってプリントや刺繍、タッセルや金属、陶器の装飾などが施されて完成します。

vent de moeの扇子を初めて手に取って、ゆっくりと、少しドキドキしながら開いた時、何故かふと子供の頃の記憶が蘇って来ました。祖母の目を盗み、棚から扇子をこっそり取り出しては、遊んでいました。繊細な扇子を壊さないよう少し緊張しながら、開いたり閉じたり、少し扇いでみたり……。どこか儚く懐かしいあの和室のにおいに包まれた、いたずらな冒険の記憶です。

 

心の奥深くに埋もれていた、そしておそらくこの扇子に触れなければ思い出すこともなかっただろう、懐かしい記憶を思い起こさせてくれました。vent de moeの扇子にはそんな不思議な力があるようです。

 

次回のブログでは、そんな扇子がどのようにして生まれてくるのか。vent de moe のデザイナー小林萌さんへのインタビューを掲載します。ブランドの世界観や美意識がどのように作られているのか、東京から長野県へ移住して創作活動や日々の生活がどのように変化したのかなども。どうぞお楽しみに。


 

ハツトキのテキスタイルを使ったコラボレーションの扇子がオンラインストアに並びました。hatsutokiのテキスタイルから受けたインスピレーションを元に、vent de moeがブランドらしい解釈を加えて、扇子に仕立てていただきました。夏を楽しく過ごすのにとてもお勧めです。是非御覧ください。

 


[vent de moe/扇子(雨の次の日)]


[vent de moe/扇子(まっかな頬)]

それぞれの扇子に付けられたチャーミングな名前もとても素敵です。

→ [扇子の商品一覧ページへ]

レザーベルトが登場しました。

2018.02.19

hatsutokiオリジナルのベルトがオンラインストアに登場しました。植物性の「タンニン」で鞣された、コシと厚みのあるレザーで作られたベルトは、無骨なイメージのヌメ革を女性でも付けやすいデザインで仕立てました。レザーの色をそのままにしているので、使い込むほどに飴色に焼けて、味がでてきます。

どんな装いとも合わせやすいシンプルなデザインは、日常で使いやすい一点です。ぜひチェックしてみてくださいね。

>>商品ページはこちら

春の贈り物、集めました。

2018.02.09

この頃、たまに小春日和の陽気を感じる時が増えました。カレンダーを眺めれば、もうすぐ2月も半ば。春が待ち遠しくなっていませんか?着たい洋服、住みたい部屋、新しいアクセサリー。ちょっとした装いを変えて、季節が変わるのを楽しみに待ってみたいと思い、春に欲しい、贈りたいアイテムを集めてみました。

>>[春の贈り物]商品ページ

カラーやアイテムで厳選して、メンズの方にもおすすめをセレクトしています。これから春にかけて、またアイテムがちょっとずつ入荷します。ぜひチェックしてみてくださいね!

mens

>>[メンズギフト]商品ページ

ブルーのプルオーバーが登場しました。

2018.02.07

今回、hatsutoki定番のプルオーバーに新色が登場しました。澄み切った空のようなブルー。コットンらしい柔らかな風合いがありながら、経糸と緯糸の重なりによって光沢感が生まれ、ドレープが美しい仕上がりになりました。

この服地に使われているテキスタイルは、ガーゼのような二重の構造をしているので、裏と表で色が異なります。ブルーの配色は裏表を逆に使うと、実はこのベージュの色味になるんです。腕をまくった部分がブルーなのが、お分りいただけるでしょうか。

Print

同じ素材、同じ形でも、生地の使い方によってまた違った印象を与えてくれます。空気を纏っているかのように軽やかな風合いと色味が相まって、春らしいさわやかさのあるアイテム。ぜひチェックしてみてくださいね。

>>商品詳細ページはこちら

柔らかな綿の風合いのパネルチェックストール

2018.02.05

大きなパネルチェック柄のコットンストール。ふっくらと程よい重みのストールは、今の季節からもお使いいただけるボリューム感に仕上がりました。高度な紡績技術で作った精紡交撚糸を使用し、二重織という空気の層を作る手法で織り上げ、ふんわりとやわらかな風合いに仕上がりました。

S__29728781

精紡交撚糸とは、綿の状態で二つの綿の粗糸を撚り合わせて紡績された糸のこと。無撚糸のような光沢感や毛羽の少なさが特徴。撚り合わせる時点で調整をし、より軽やかに仕上がる甘撚の糸を使用しました。

YELLOW_L

大きなパネルチェック柄は大判のものが幅丈共に約150cm。バイアスにとって三角形を作ると、羽織りのようにも使えます。通常のhatsutokiのストールよりも一回り大きめなので、ひざ掛けなどにもなるような大きさとボリューム感。

IA-00ST-09-B-S_1200_11

小判は150cm×75cm。首元を巻くのにちょうどいい長さになりました。少し長めのフリンジがアクセントになり、色々な巻き方を楽しんでいただけます。男女問わず付けやすい配色。贈り物などにもおすすめです。ぜひチェックしてみてくださいね。

>>商品ページへ

赤いストール

2018.01.11

明けましておめでとうございます。年末のクリスマスから始まり、年始の時期にかけて、どこの国でもお祝いの色として「赤」とはおめでたく感じる、共通の感覚があるのだなあと改めてふと思い、今回はまだまだ寒さの続く、今の時期にもおすすめのhatsutokiの赤いストールを集めてみました。

red-3
【メランジコットンストール】
メランジという名の通り、いろんな糸の重なりによって織り上げられています。深みのあるワインのようなトーンのテキスタイルの経糸はネイビー2本、モカブラウン1本、緯糸はレッド2本、ブラウン1本とそれぞれ3本撚り合わさった杢糸が使われています。そして、ふんわりとした風合いに仕上がるように、空気をたくさん含むように甘い撚りがほどこされているので、程よいボリューム感がありつつ、重たさを感じさせません。
>>商品詳細はこちら

red-4
【山のジャガードストール】
コットンをベースに、フリンジ部分には大胆にシルクをあしらったジャガードストール。夕焼けに染まった西脇の山々がインスピレーションとなって、織り上げられたテキスタイルです。シルクの光沢感、コットンの軽やかさが兼ね備わったストールになりました。
>>商品詳細はこちら

red-5
【MIXモクストール】
杢糸が緯糸に織り込まれたストール。そして、このテキスタイルは細い綿糸が20本もの束に甘く撚り合わされているものです。一気にこの量を合わせることはなく、つい納得してしまう心地の良いボリューム感と、とろけるような肌触りが特徴です。
>>商品詳細はこちら


一口に赤といっても、糸の重なりによって生まれる色は本当に様々。そして、生まれた風合いも一つひとつ違う良さを持った仕上がりになりました。ぜひオンラインストアでチェックしてみてください。本年もhatsutokiをどうぞよろしくお願いいたします。

ピクニックにお勧め[新宮晋 風のミュージアム]

2017.06.22

兵庫県三田市にある「風のミュージアム」をご存知でしょうか。県立の有馬富士公園内の一角に、12点の大きな風車のオブジェが置かれ、芝生にゴロンと寝転がりながら風に揺られて動く大きな風車をゆっくり鑑賞できる場所です。大阪や神戸からでしたら90分くらいの場所で、休日のちょっとしたドライブやピクニックにお勧めです。

野山に設置された作品は全て三田市在住の彫刻家 新宮晋(しんぐうすすむ)さんから寄贈された作品たちです。新宮晋さんは自分自身も三田の山の中に住み、水や風など自然のエネルギーを利用して動く機械仕掛けの立体作品を作り続けています。

風のミュージアムでは、野原に風が吹き抜けると、風を受けた様々な形の風車がそれぞれ動き出します。まるで人工物である彫刻が生き物であるかの様に、ゆっくりと大廻りで動くものもあれば、小さく早く動くものもそれぞれに個性的です。

風車を通して、わたしたちは、もしそれが無ければ感じることができなかった風をより身近に感じることが出来きます。そんな体験を通して、新宮晋さんの作品は人と自然のより良い関わり方を教えてくれているのかもしれません。晴れた休日に是非遊びに行ってみてください。有馬富士公園ではお子様の遊び場も沢山用意されているので家族でも楽しめます。


hatsutokiのウェアで休日のピクニックやドライブにお勧めのアイテムをピックアップしました。

oki_top

oki_top

サテンコットンのワンピースは、さらりとしていて夏にぴったり。ふし感のあるリネンのストールは涼し気な表情が夏にぴったりです。日除けや冷房対策にも、一枚もっていると重宝します。

Tops:サテンロングタンク/ベージュ/17000+tax
Scarf:コットンリネンスカーフ/ホワイト/10000+tax


風のミュージアムから車で15分ほどのところに、「Barnshelf」というとても素敵な雑貨店があります。
元は牛小屋だった納屋を改装して出来た空間にところ狭しと雑貨や本が並びます。
hatsutokiの商品も一部お取り扱いがありますので、是非立ち寄ってみてください。

[Barnshelf]
〒669-1515 兵庫県三田市大原1587-9
Tel : 079-558-7664
Fax : 079-558-7665
営業時間:11:00am~7:00pm
水曜日定休
HP:http://barnshelf.com/
Instagram:https://www.instagram.com/barnshelf/

ライトコットントレンチコート

2016.10.03

たっぷりとした分量のトレンチコート。着る人の動きに合わせ美しく布が揺れます。ベルトで絞られ自然と寄ったギャザーは裾まで波打ち、影を作り、奥行きのあるテキスタイルの色味をより一層引き立てます。

シャツ用にと開発したテキスタイルからインスピレーションを得て、コートのデザインを考えました。布をじっと見つめながら、揺らしてみたり、壁に掛けてみたり、絞ってみたり。そうしているうちに、この布がトレンチコートになったらどんなに美しいだろうと想像を膨らませワクワクしながらデザインをスタートしました。

テキスタイルは3色もの色が重なりあった深みのあるシャンブレー。柔らかい生地感と光沢は女性らしく繊細でありながら、細かいヘリンボーンが施されるテクスチャーは男性的でもありました。2面性を兼ね備えた生地の良さをそのまま形にしようと考えた時に強さと女性らしさを兼ね備えたウェアのイメージが湧いてきました。

トレンチコートのルーツは本来軍用にデザインされたものです。高密度のギャバジンなどで仕立てた物が定番ですが、あえて繊細なテキスタイルを用いて、ミリタリーの持つ強くたくましいイメージを引用し、繊細で凛とした女性像と重ね合わせました。クラシカルを洗練させたシーズンテーマ「KIKYOU(帰郷)」のイメージを代表するアイテムでもあります。是非ご覧ください。

_murata

 


ライトコットントレンチコート

[カーキ][ホワイト]

ツイルチェックシャツ

2016.09.17

秋の乾いた空気、透明な光の下では山や草木の紅葉の色がよりいっそう美しく見え記憶に残っていました。私達が拠点としている兵庫県西脇市は四方を山に囲まれていて、植林された常緑樹が少なく、雑木林の山が多いため、秋の山の景色は大変美しいのです。そんな景色を思い浮かべながら作ったオリジナルのチェック柄です。

一見すると、どこにでもある伝統的なチェック柄の様にも見えます。古くからある、伝統的なチェック柄もやはり自然の色のインスピレーションから配色を考えられたものだったからではないでしょうか。私達もその美意識に習い、私達自身が見た景色、光、空気をその柄に落とし込もうと思いました。そして現代の洗練された技術をもって、上質で細く繊細なコットンで織り上げ、hatsutokiの生地ならではのアイデンティティをもたせました。織り上がった生地は皺の陰影や、光の加減によってほのかに変わる色の深み。美しい質感となりました。ふわりと軽く薄い生地は空気を纏うように軽やかで優しい肌触りのシャツです。

ノーカラーのシャツでスッキリと仕立ました。上質な黒蝶貝の貝ボタン、背中に入った細やかなピンタック。糸作りから染、織り、仕上げ、縫製まで何十人もの職人の丁寧な仕事が一枚のシャツに凝縮されているのです。是非ご覧ください。

こちらのシャツの生地の制作工程を追いかけた動画を公開しております。そちらも合わせてご覧ください。
▷動画【hatsutoki Inspiration & Making】

_murata

 


 

ツイルチェックシャツ
[カーキ][ネイビー]
オンラインショップでもご覧いただけます。

忘れられないブラウス

2016.09.03

数年前に、旅先で偶然見たアンティークのブラウスの記憶が頭の片隅にずっとありました。そのブラウスは見るからに繊細な手仕事で織られた布を使い、品の良いレースが慎ましく施されて女性らしい。そしてとても贅沢な素材使いにも関わらず素朴さがありました。触れた瞬間に思わずドキドキした事を良く覚えています。

しかし、そのような美意識を踏襲しているようなデザインの服は今、どのお店で探してもなかなか見つからない事もその後に気が付きました。上品さと素朴さは、一見すると相反する要素の様にも思えるので、バランスを保つことはとても難しいのです。上品な服はいかにも高級そうな事を主張しないと埋もれてしまうし、素朴な服もいかにもナチュラル、地球にやさしい事をわかりやすくしなければなりません。

私はその記憶の中の、忘れられないあの服の美意識に習ったブラウスを制作しようと思いました。hatsutokiが得意とする細くて繊細なコットンは「上品で素朴」にピッタリの素材であることにも気が付きました。シルクの様なしなやかさを持ち、綿ならではの慎ましさを持っている希有な素材だったのです。控えめなフリルを胸元に。ボタンは質の良い貝ボタン。裾広がりの袖は身体の動きに合わせ軽やかに揺れます。

素材が良い服は、自然と背筋が伸びます。繊細なブラウスを身に纏うと丁寧な暮らしを思い出します。懐かしい記憶に触れたような感動。胸の内側から染み出てくる様な感動を呼び覚ますような、そんなブラウスになれば、と思いながらデザインしました。是非手に触れて見てください。

_murata

 

ツイルブラウス

[ネイビー][ホワイト]

オンラインショップでもご覧いただけます。