Japanese Indigo dyeing


『心に澄み渡るような美しい色に出会うためには、果てしなく同じ作業の繰り返し。真面目に藍と向き合ったとき初めてその姿を見せてくれます。』東京の西、青梅の工房・壷草苑が生み出すこの美しい藍色に出会った時、とても心動かされた事を覚えています。深く、どこか懐かしく、そして自然の力強さを感じさせる色でした。かつて江戸時代に栄え、現代に受けつがれた歴史ある藍染めの染色技法をhatsutokiの生地に施した特別な素材のシリーズです。

素材についての詳細はこちらのCOLUMNをご覧ください。
No.3 [Japanese Indigo dyeing / 天然藍灰汁醗酵建藍染]