hatstuokiと播州織

播州織の新たな挑戦

hatsutokiは自然豊かな兵庫県西脇市を拠点にものづくりをしています。最近NHKの番組「趣味どきっ!」でデザイナーの村田をご紹介頂いたため、大変多くのお問い合わせを頂いています。改めて、hatsutokと播州織のことについてご紹介したいと思います。

“hatsutokiと播州織について"

播州織とは

播州織は兵庫県西脇を中心とした北播磨地方で栄えた織物の総称です。その多くは、綿を中心とした「先染めのシャツ生地」です。先染めとは、糸で染めてから織る技法。ギンガムチェックやストライプなどは播州織のアイコン的存在です。

さて、もともとは、水が豊かで水質が染色に向いていたため、紳士服向けのいわゆるドレスシャツが中心の産地として栄えました。しかしみなさんもご存知の通り、最近では、シャツはアジアで作られる低単価のものが主流になり国内の生地産業は転換の帰路に立たされています。今、国内の産地は、生き残りをかけて、新たなものづくりの挑戦をしています。

繊細なコットンから生まれる生地。hatsutokiの定番をご紹介。

hatsutokiでは、ブランド初期の頃から定番で扱う原料の一つとして、細く繊細なコットンを用いた生地を作り続けています。もともと綿素材の扱いに長けていた西脇の工場や職人ですが、はじめはとても難しく、苦労の連続でした。失敗を繰り返し、工夫を積み重ねて織り上げることができるようになりました。そのしなやかで繊細な生地はすっかりハツトキの顔に。

さて、その繊細な糸というのは細さなんと0.1mm~0.09mm程度の髪の毛ほど細い繊細なコットン。従来産地で定番的に作られていたものより倍ほど細いのですが、これを染め、織り上げるのは相当な技術が必要なだけでなく、細部に気を配った丁寧な仕事がとても大切です。
西脇産地の大変優れた職人、技術の結晶とも言えます。

“hatsutokiと播州織について"

なめらかさと、軽さ、上品な素朴さ「twill(ツイル)」

例えばこのシリーズ(上)。ツイルと呼んでいる定番のテキスタイルですが、細く繊細なコットンの質感は、上品でいながらも素朴。上質な日常着というハツトキのコンセプトを体現するシリーズなのです。肌に触れる心地よさは抜群の素材感です。一つの生地が出来上がるまでに本当にたくさんの工程があるのですが、その一つ一つを丁寧に丁寧に行わないと作れません。誰かが、自分のパートで手を抜いてしまえば、生地として織り上げることは不可能。美しく生地が上がった生地に初めて触れたときの感動は忘れられません。

“hatsutokiと播州織について"

柔らかさと繊細さ。色の奥行き「w-face(ダブルフェイス)」

上の写真はダブルフェイスと呼んでいるシリーズ。「ツイル」シリーズと使っている原料はほとんど同じですが織り方が違います。「先染め」が播州織の特徴の一つで、糸を先に染めて織る。つまり何色かの糸の組み合わせによって、生地ができあがるのですが、複雑に色を組み合わせた素材は、無地であっても、奥行きが感じられます。この生地は、複数の色の糸を、2重構造に織り上げることで、空気の層を作り、ふわりと軽く柔らかく仕上げた生地です。フラットな「ツイル」に比べて、こちらはふわっとした膨らみと立体感、少しカジュアルなニュアンスもあります。シャツやチュニックタイプのものの他に、ストールも大変人気の定番品です。

上記の2つのシリーズは代表的なハツトキの定番素材をご紹介しました。播州織の特徴である、先染めの良さ、色の奥行きや組み合わせを最大限に活かせるように、糸と色の緻密な組み合わせを大切にして絶妙な色味を実現しているのです。

次は、もう少し違う視点から開発した生地を。

“hatsutokiと播州織について"

播州織らしさを追求。芯のあるしなやかさ「poplin(ポプリン)」

さらに、上記に加えて「播州織らしさ」を少し違う視点から見て、開発した素材もいくつかあります。
それがこれら私達が「ポプリン」と呼んでいる生地のシリーズです。

生地にある程度の貼りと、芯をもたせることで、細番手のシリーズに比べて、より日常的に気兼ねなく着れるものにしています。とはいえ、カジュアル過ぎないバランスはとても大切にしていますので、「繊細な中にもしなやかな強さのある生地」を目指しています。洗濯を繰り返しても腰を失わず、良い表情を保ってくれる。シワになりにくいような特殊な加工を加えていたり、洗い上がりの表情が美しい凹凸になるように、考えて制作しています。*「タイルチェック」と書かれた商品もポプリン素材の仲間です。