このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。

STYLE SAMPLE

#41 / [w-face] ストールの新色 深い海のようなブルーグリーン

[w-face]のストールに新色のブルーグリーンが登場しました。深い海のような、爽やかで落ち着いたカラーの新色「ブルーグリーン」夏のコーディネートに取り入れたい深みのあるブルーは男性にもおすすめです。   しっとりとした肌触りのダブルフェイスが魅力のストールはこれからの季節、日差しや冷房からもお肌を優しく守ってくれます。△w-face ストール(ブルーグリーン)    まるでシルクの様な繊細さとしなやかさに、コットンならではの素朴さ・軽やかさを兼ね備えたhatsutokiを代表する素材です。糸の色の重なりが美しく、一見無地に見えるのですが、見る角度や、光によって色が変わる奥行きのある表情が特徴。 上品なコットンは普段使いにも、少し特別な日のコーディネートにも大変重宝します。洗いざらしでカジュアルな表情に、アイロンをかけると少しフォーマルな表情にも変わります。生活のシーンに合わせてご使用ください。 細さ約0.1mmほどの繊細な綿の糸を多色に染めて織り上げます。新色「ブルーグリーン」にはミントグリーン、ブルー、ネイビーの3色に染めた色糸を使用しています。フリンジ部分を見ると、生地に何色が使われているかがおわかりいただけます。 △shadow ノースリーブワンピース(ネイビー) 大きさは(約114cm×178cm)の大判サイズですが、生地が繊細なため小さく巻くと意外とスッキリと収まります。とても軽いのでカバンの中に入れて持ち運びやすいアイテムです。 コットンは、ウールやカシミアなど動物性の繊維に比べて一本一本がとても細い繊維です。首周りは一番敏感な部分でもあるので、優しい綿の繊維が安心です。繊細な天然素材ならではの素朴で美しい織物。私達のコンセプト「初めて触れる感動」を体現しています。

Read more

#40 /[fog]霧の向こうに映る風景

霧をイメージしたオリジナルテキスタイル[fog]のご紹介です。 山間にある街、西脇。春の朝には山間から湿った空気が込み上げて、街全体が霧に覆われます。 柔らかい朝日と、水の粒に反射して光る加古川。幻想的な光景は、毎日通っている道も違う景色にしてくれます。霧がかかった朝はどこか静かに感じ、それは水の中に潜った時の静けさに似ていて好きなのかもしれません。 暖かくしっとりとした霧の中で着る服を作りたいと思いデザインしました。 [fog]はトップ染め、と言われ原料の綿で染めてから糸にした淡いカラーのトップ糸と、リネンを組み合わせて織り上げる事で、複雑に色が混じり合います。 霧の向こうにぼんやりと街の輪郭が見える。そんな景色をイメージしながらデザインしたテキスタイルです。   バンドカラーのサマードレス。 夏の暑い日にも涼しく過ごせるリネン素材。 △fog サマーデイドレス(ジンジャーブルー) 肩幅の気にならないラグランスリーブ、ゆったりとしたワンサイズで年齢や体型を問わずどなたでも着ていただけます。ウエストの共布ベルトを締めてシルエットに変化をつけたり、外してカジュアルに着ていただくことも出来ます。 △fog サマーデイドレス(ネイビー) 新色のネイビーは緑がかったネイビーのリネン糸にピンクのムラ染めの糸を使用しています。シックなネイビー糸の合間に、ほんのり優しい桃色を感じる素材。 △fog 本藍染サマーデイドレス(濃藍) △fog 本藍染イージースリムパンツ(濃藍) fogに本藍染を施したシリーズ。東京の藍染工房[壺草苑]では、徳島の蓼藍(たであい)を原料に、天然の灰汁で発酵させた「天然藍灰汁発酵建」という伝統的な染め方をされています。 しっとりと深い、本物の藍染の色合いをお届けします。 △fog 本藍染ノースリーブブラウス(濃藍) △sally ライトパンツ(フォックス) 自然の植物を使った天然藍染は、無線色の大地の色、[sally]シリーズの茶綿との相性が最高です。 △fog ノースリーブブラウス(ジンジャーブルー) 通気性の良い[fog]という名のテキスタイルはリネンの節感や光沢が美しくハリのある生地。民族衣装のような直線的なシルエットに、ギャザーやタックで立体感を持たせると、体型や年齢を問わず誰でも似合う快適な衣服になりました。 △fog...

Read more

#039 / koharu シルクコットンストール、シルクリブハイネック、真鍮コードベルト、sally merino カーブパンツ

hatsutokiのアイテムを使用した、マニッシュなコーディネートのご紹介です。シルエットとカラーリングで、ほんの少しのエッセンスを。タイトなハイネックトップスに、すっきりとしたカーブが印象的なパンツ。シンプルな組み合わせには、小物をプラスしてニュアンスを出しました。△koharu シルクコットンストール(フォレスト) サイズL△[オンラインストア限定]koharu シルクリブハイネック(ダークチョコ) サイズM (Soldout)△[ONLINE STORE 限定] 真鍮コードベルト(ライトグレー) サイズ0 (Soldout)△sally merino カーブパンツ(ブラウン) サイズ1 (Soldout) まずは、シルク本来の柔らかさを追求した、シルクリブハイネックのニットから。シルクの絹紡糸に起毛加工を施す特殊技術でできた糸「KOHARU」を使用したこちらのニット。無縫製のニットマシンで編み立てることで、縫い目を排除。ずっと着ていたくなるようなふわふわと優しい肌ざわりを実現しました。不快な縫い目やチクチク感のない天然素材のリブニットを探されている方におすすめです。 ハイネックが苦手な方でも着ていただけるよう締め付け感や高さを微調整。襟と袖口、裾にはポリウレタン糸を肌に触れないよう糸の中に編み込み、繰り返し着用しても伸びにくい設計になっています。(ポリウレタン糸はごく少量使用の為混率には表示しておりません。)ご自宅で中性洗剤を使用してお洗濯が可能ですので、シルクという素材ではあるものの、デイリーにご着用いただけます。*こちらは2022年の旧仕様商品です。2023年秋冬新バージョンは袖を長く、襟を高く、ポリウレタン糸の数を増やしより袖口や襟元が伸びづらい設計に改良されました。△[オンラインストア限定]koharu シルクリブハイネック(ダークチョコ) サイズM ボトムスには、トップスと反してゆったりとしたシルエットをチョイス。無染色で、綿(ワタ)の色そのものを使った茶綿と、ブラックメリノと呼ばれる茶色の毛を持ったウールを使い織り上げました。 ワタの色をそのまま使ったシリーズsallyは、アメリカの生物学者サリーフォックス氏が品種改良を重ね育てた茶綿「FOXB(ブラウン)」を使ったテキスタイルです。ブラックメリノは毛そのものに色を有しており、サリーコットンとの相性の良さから採用しました。sallymerinoと名付けたテキスタイルは、長く使っていただくことを前提に、糸に追加で撚りを掛け、毛羽立ちや毛玉が出にくい様に配慮しています。△sally merino カーブパンツ(ブラウン) サイズ1 無垢の真鍮金具を使った細いコードベルトは、カジュアルなパンツに合わせると女性らしいスタイリングに。デニムやチノパンとの相性も良く、「何か足りないな」を解消してくれるアイテムです。ワンピースやチュニック丈のブラウスなどをブラウジングするのにもおすすめです。 コードの細さと真鍮のバランスが、パンツスタイルを繊細な印象に仕上げます。hatsutokiの、素朴でありモダンなお洋服ととても相性のいいベルトです。△[ONLINE STORE 限定] 真鍮コードベルト(ライトグレー) サイズ0 パッと目を惹くバイカラー配色で織り上げた極上の起毛シルクコットンストールは、大判でボリューム感があり、光沢も美しいストールです。シルク本来の機能として保湿性と保温性に優れているため、しっとりとした質感で寒い時でも暖かく快適な使用感です。 愛知県を拠点に、世界中の高品質の糸を長年取り扱われてきた【長谷川商店】。糸の質からこだわり抜き、独自の糸加工の技術によって、他にない素材の良さが魅力です。ご自宅で中性洗剤を使用してお洗濯出来していただけます。シルクのハイネックカットソーと同素材で、一度着たら手放せないというファンが多い素材です。△koharu シルクコットンストール(フォレスト)...

Read more

#038 / memory06 ウールチェック ジャンパースカート、koharuシルクリブハイネック

倉庫に眠っていた生地や糸を復活させて作るmemoryシリーズは、売り切れ次第終了の数量限定商品です。今回使用しているmemory06は、ありそうでないモダンなマドラスチェックを目指したテキスタイル。一般的には春夏によく見るマドラスチェックですが、ウールチェックのmemory06は、シックな雰囲気が魅力です。△左:memory06 ウールチェック ジャンパースカート(グレー) サイズ0△右:memory06 ウールチェック ジャンパースカート(ブラウン) サイズ0 伝統的なチェックにはない線の細さや、縞(しま)をランダムに配置しており、たて糸でアクセントに入れた黄色の糸がポイントに。 品の良いコットンウールチェック生地のジャンパースカートは、シルエットにもこだわりが詰まっています。生地をバイヤス(斜め)にカットし、体に沿う滑らかなシルエットに仕立てることで、美しいカーブのネックラインに。大きめのタックでボリュームを持たせたスカートは轆轤(ろくろ)で形作った陶器の壺を彷彿とさせます。 カジュアルなアイテムなので、有機的で美しいラインを意識しました。 後ろ裾にベンツスリット入りなので動きやすく、ウエスト脇はゴム入りのギャザーで、ボリュームのあるニットもインすることができます。妊婦さんにもおすすめの一着です。コットン100%の裏地付き。 インナーにはhatsutokiオリジナルkoharuシルクリブハイネックがおすすめです。シルクの絹紡糸に起毛加工を施す特殊技術でできた糸「KOHARU」を無縫製のニットマシンで編み立てることで縫い目を排除し、ずっと着ていたくなるようなふわふわと優しい肌ざわりを実現しました。 シルク本来の柔らかさを追求した、シルクリブハイネックのニット。豊富なカラー展開があり、好みの組み合わせをお楽しみいただけます。△[オンラインストア限定]koharu シルクリブハイネック(ソイル) サイズM△[オンラインストア限定]koharu シルクリブハイネック(オリーブ) サイズM

Read more

#037 / koharu シルクリブハイネック(ブルーグレー)、noil イージーカーブパンツ(モカ)、w-face プルオーバーワンピース(グリーン)

こっくりとした、深みのあるブルー系でまとめたコーディネートのご紹介です。ふわりとしたワンピースは中に着込めるので、インナーとパンツを合わせてロングシーズンご着用いただけます。 ワンピースのインナーにおすすめするのは、シルク本来の柔らかさを追求した、シルクリブハイネックのニット。シルクの絹紡糸に起毛加工を施す特殊技術でできた糸「KOHARU」を無縫製のニットマシンで編み立てることで縫い目を排除し、ずっと着ていたくなるようなふわふわと優しい肌ざわりを実現しました。 長谷川オリジナルのシルク糸「KOHARU」は、最高級絹紡糸を撚り合わせてふわふわ加工(膨らみと毛羽出し)をした糸です。肌に触れる毛羽はカシミヤの半分の細さなので、心地よく滑らかで繊細なお肌の方も安心です。その柔らかさは肌に触れた瞬間、これがシルク!?と驚いてしまうほど。品のある落ち着いた光沢、しっとりとしたシルクのしなやかさをお楽しみください。 ハイネックが苦手な方でも着ていただけるよう締め付け感や高さを微調整。襟と袖口、裾にはポリウレタン糸を肌に触れないよう糸の中に編み込み、繰り返し着用しても伸びにくい設計になっています。(ポリウレタン糸はごく少量使用の為混率には表示しておりません。)出番が多いアイテムは、耐久性があるものを選ぶと長くお使いいただけます。△[オンラインストア限定]koharu シルクリブハイネック(ブルーグレー) サイズM△noil イージーカーブパンツ(モカ) サイズ0 リラックス感と、テキスタイルの上品さを兼ね備えたワンピースはシンプルで普遍的な美しさを意識し、誰しもが着やすく似合うデザインです。定番カラーの「グリーン」はネイビーのたて糸にグリーン、ブルーのよこ糸を交互に織り込みました。シャンブレーの美しさと、とろける様な肌触りがhatsutokiらしい一枚です。定番と呼べる素材がhatsutokiから初めて生まれたのがこのw-faceと呼ぶテキスタイルでした。 染色した繊細な綿糸を機械によって、美しく織り上げるまでにはとても手間がかかります。染め、糊付け(毛羽を抑えたり糸の補強に使います)、織、仕上げ、それぞれの工程の中で、細かい工夫の積み重ねと、丁寧な仕事が必要です。技術と心のどちらも揃わなければ美しい織物は生まれません。 また、変化する環境の中で同じ物を作る、という難しさもあります。綿の品質は天候や、その国の情勢によっても毎年代わりますし、時代の流れの中で生産ラインの工場が閉じてしまうことも何度もあり、その度に職人と新しい道を模索してきました。そして今シーズンも私たちの定番素材が変わらずに作り続けていることを今とても誇らしく思います。△w-face プルオーバーワンピース(グリーン) サイズM背伸びしすぎずに、日常の普段着として。着心地の良さを感じるアイテムを、ぜひ取り入れてみてください。

Read more

#036 / koharu シルクリブハイネック(オリーブ)コーディネート

あたたかみも感じるオリーブカラーを差し色に。アウターでの色遊びは少し勇気がいりますが、インナーなら気軽に色味を取り入れられるのではないでしょうか。△[オンラインストア限定]koharu シルクリブハイネック(オリーブ) サイズM△noil ノーカラージャケット(モカ) サイズFREE△fog イージースリムパンツ(スモークイエロー) サイズFREE シルクリブのハイネックニットは、チクチク感をなくし、やわらかさを追求した着心地。1枚でも重ね着でも使えて、カラーバリエーションが7色と幅広く、この時期何枚あっても困らないアイテムです。 hatsutokiオリジナルで何色もの糸を撚り合わせて出来た、繊細で複雑な色合い。ベーシックカラーはもちろん、オリーブやブルーグレーといった、しっとりとしつつ差し色になる色味も展開しています。今回のコーディネートでチョイスしたのはオリーブグレー。茶系のジャケットとスモークイエローのパンツと合わせて、和菓子のようなトーンでまとめたコーディネートです。 ハイネックが苦手な方でも着ていただけるよう締め付け感や高さを微調整。襟と袖口、裾にはポリウレタン糸を肌に触れないよう糸の中に編み込み、繰り返し着用しても伸びにくい設計になっています。(ポリウレタン糸はごく少量使用の為混率には表示しておりません。) シルクをもっと日常的に取り入れてほしいという想いから、オリジナルのシルクニットとしてhatsutokiで企画しました。「日常に取り入れる」ということで、もちろんお手入れもご自宅で簡単に出来ます。△[オンラインストア限定]koharu シルクリブハイネック(オリーブ) サイズM 上に羽織ったのは、ラグランスリーブと肩に入れたタックで、抜け感を感じるジャケット。短めの丈感なので、太ももまわりがゆったりしたパンツに合わせても、もたつきません。 民族服のディテールをお手本に同じ布で作ったくるみ釦を左右非対称に配し、端にぐるりと入れたステッチもポイント。袖口、裾にはスリットを入れ、軽やかでカジュアルな印象です。△noil ノーカラージャケット(モカ) サイズFREE コーディネート全体の色味が沈みすぎないよう、パンツの色で調整を。余裕のあるシルエットなので、下に着込んで防寒出来るのも嬉しいですね。 [fog]という名のテキスタイルは、リネンの節感や光沢が美しくハリのある生地。すっと入った一筋のスリットが、ニュアンスを持たせ脚をきれいに見せてくれます。△fog イージースリムパンツ(スモークイエロー) サイズFREE ひとつひとつに語りどころがある服を着ると、いつもより自信が持てる気がします。長く大切にできる一枚をぜひ見つけてみてください。

Read more

#035 / koharu シルクリブハイネック(ソイル) コーディネート

この時期のコーディネートは、防寒も考えつつ、こだわりも詰めたい...hatsutokiでは、上質な素材感と着心地をプラスして提案します。 モノトーンでまとめた、クールな装い。しっとりと落ち着いていますが、遊びのあるシルエットがポイントの組み合わせです。△[オンラインストア限定]koharu シルクリブハイネック(ソイル) サイズM△noil ノーカラージャケット(ナイト) サイズFREE△pottery ユニセックスパンツ(クレイ) サイズM 寒くなると、出番が多くなるハイネック。着る機会が多いものは、着心地がいい一枚を選びたいものです。 シルク本来の柔らかさを追求したシルクリブハイネックのニットは、シルクの絹紡糸に起毛加工を施す特殊技術でできた糸「KOHARU」を使用しています。無縫製のニットマシンで編み立てることで縫い目を排除し、ずっと着ていたくなるようなふわふわと優しい肌ざわりを実現しました。不快な縫い目やチクチク感のない天然素材のリブニットを探されている方におすすめです。ハイネックが苦手な方でも着ていただけるよう、締め付け感や高さにはこだわりが詰まっています。 襟と袖口、裾にはポリウレタン糸を肌に触れないよう糸の中に編み込み、繰り返し着用しても伸びにくい設計になっています。(ポリウレタン糸はごく少量使用の為混率には表示しておりません。)hatsutokiオリジナルで何色もの糸を撚り合わせて出来た、繊細で複雑な色合い。どんな装いにも合わせやすい配色で、秋冬に役立つ一着です。ご自宅で中性洗剤を使用してお洗濯できるので、お手入れの負担が軽いのも嬉しいですね。△[オンラインストア限定]koharu シルクリブハイネック(ソイル) サイズM ジャケットは、短めの丈感。ボリュームのあるボトムスやワンピースに羽織ると絶妙なバランス感になるよう設計しています。 糸を作る際に落ちた短い繊維を集めて紡いだ糸、シルクノイルを使用しています。空気を多く含むため生糸よりも保温性が高く、ぷつぷつとしたネップと糸の凹凸感です。シルクの上品さと素朴な雰囲気の2面性を持つ生地に仕上がっています。 民族服のディテールをお手本に同じ布で作ったくるみ釦を左右非対称に配し、端にぐるりと入れたステッチもポイント。袖口、裾にはスリットを入れ、より軽くカジュアルな印象になりました。△noil ノーカラージャケット(ナイト) サイズFREE 陶芸家や画家の着るトラウザーをイメージしたパンツは、レディースワンサイズ(サイズ1)、メンズワンサイズ(サイズ2)の2サイズ展開です。ウエストは内側に施した紐によってサイズを調整することができます。 コットンラミーのオリジナルテキスタイル[pottery]は、土、そして土から陶器が練り上げられていくような「素朴だけどどこか上品さのある表情」が魅力です。ボリュームのあるシルエットや、リラックス感を残しつつきちんとした印象をもたせるタックなど、ディテールまでこだわることで上質な仕立ての日常着となりました。△pottery ユニセックスパンツ(クレイ) サイズM着回しできるベーシックなアイテムを取り入れつつ、素材やシルエットでアクセントを取り入れてみてはいかがでしょうか。

Read more

#034 / koharu シルクリブハイネック&月夜 スカート&太田一永/巾着バッグ

品良く着られるシルクを取り入れたコーディネートの紹介です。ニットは、シルク本来の柔らかさを追求した、シルクリブハイネック。愛知県を拠点に、世界中の高品質の糸を長年取り扱われてきた【長谷川商店】オリジナルの糸「KOHARU」を使用しています。無縫製のニットマシンで編み立てることで縫い目を排除し、ずっと着ていたくなるようなふわふわと優しい肌ざわりを実現しました。不快な縫い目やチクチク感のない天然素材のリブニットを探されている方におすすめです。 ハイネックが苦手な方でも着ていただけるよう、締め付け感や高さを微調整。襟と袖口、裾にはポリウレタン糸を肌に触れないよう糸の中に編み込み、繰り返し着用しても伸びにくい設計になっています。(ポリウレタン糸はごく少量使用の為混率には表示しておりません。) hatsutokiオリジナルで何色もの糸を撚り合わせて出来た、繊細で複雑な色合い。どんな装いにも合わせやすい配色で、秋冬に役立つ一着です。△[オンラインストア限定]koharu シルクリブハイネック(ローアンバー) サイズM スカートは、コットンシルク素材の前ボタン付きラップスカート。黒地にシルクのアクセントが付いたテキスタイルで、くるみボタンなどのディテールは、少しフォーマルな装いに対応できるように想定しています。左右非対称の合わせは、どこか和服の様なエッセンスも込めています。 月夜と名付けた素材は、濃色のコットンの糸の中で、ピンクゴールドに染められた光沢のあるシルク糸を、織り組織の設計により浮き沈みさせ柄を表現しました。夜風で揺れる草原や森、湖が柔らかな月明かりに照らされて輝く。そんなイメージが込められたテキスタイルです。△月夜 スカート(ブラック) サイズ1 シルクの洋服にあわせたのは、野生の鹿革を使った巾着バッグ。鹿革は柔らかく柔軟性があり、使い込むほどに手に馴染む素材です。野生で生きる鹿は森を駆け巡り、様々な表情のキズを残すことで個性的な表情の革が生まれます。 リネンの裏地には大きなファスナー付きのポケットが付いています。持ち手には、ロウ引きした麻紐を編んで使用しています。 作家の太田一永さんは広島県の山上の小さな集落で生活しながら創作活動をしています。山里での暮らしの中で目に映る景色を作品に写し留められれば...という思いから、周辺に咲く植物を鹿革に染め移しています。柔らかい白は胡桃で染めています。自然が作り出す瑞々しく優しい色。山里の風景が目に浮かぶような、偶然性が作り出す素朴な素材に惹かれます。△太田一永/巾着バッグ(胡桃・大)素朴で味わい深い色味をもつアイテムのコーディネートは、秋にぴったりなシックな装いです。

Read more

#033 / odnu カウチンセーター&バルキーヤーンセーター

どうして、私たちは時間をかけた手づくりの服に魅了されるのでしょう。機械でつくられたものとは違い、ばらつきのあるサイズ・形の一枚。他にはない、自分だけのもの...と思うと、愛着がわくのかもしれません。今回ご紹介するのはセレクトのジャパンブランドodnuから届いた、あたたかなハイネックのニットとカウチンセーターです。 △odnu / バルキーヤーンセーター(ホワイト) made in India サイズFREEバルキーヤーンとは、ふっくらとしてかさの高い糸のこと。少し高めのハイネックと、リブのデザインが、メリハリあるシルエットになっています。 直接肌に触れるリブは肌触りの良いメリノウールを使用。ボディは甘撚りで弾力のあるドネガルヤーンを2本合わせて編み上げました。ドネガルヤーンとは、アイルランドのドネガル地方で作られるセーター用の糸です。 アイルランドの糸を使い、時間をかけてインドの女性たちによって編まれ...そして、日本の私たちのもとに届くニット。まるで旅するニットのようです。 糸を2本合わせで編んだボディは、しっかりとした厚みに。ウール100%のふっくらした糸は空気を含むのでとても暖かく、寒い日に活躍してくれます。身幅は大きめでゆったり着られるワンサイズ。襟は少し高めのハイネックです。 △odnu / カウチンセーター(ブラック) made in Nepal サイズFREE 「カウチン」とよく耳にしますが、ざっくり言うと防寒着のことをさします。カナダ・バンクーバー島にある、カウチン湖という湖周辺に定住しているネイティブアメリカンの労働着として生まれました。羊毛がもつ油脂成分を含んだ毛を使用し、密度を詰めて編まれているため、撥水性と防寒性に優れ、重厚感があるのが特徴です。 odnuのカウチンセーターは、幾何学模様や動物模様を取り去ったシンプルなデザイン。太いツイードの糸を2本引き揃えで編んでいて、肌に直接触れるリブ部分はメリノウールで編み柔らかさを出しました。ツイード糸独特の凹凸感があり、無地ですがとても表情豊かなセーターです。 肌寒くなる秋口からサッと羽織れ、ウール100%なので冬はアウター代わりにもご使用いただけるしっかりとした厚さがあります。身幅は大きめでゆったり着られるワンサイズ。袖口はキュッとしまった長めのリブで、ころんとしたシルエットです。手編みの良さを追求したodnuのニット。機械では出せないテクスチャーや着心地の良さをお楽しみください。

Read more

#032 / odnu / ミックスカラーセーター

朝晩は空気が冷たくなってきましたね。気持ちが秋冬に傾いてきたところで、冬支度を。丁寧な手仕事のもとつくられる、ニットのご紹介です。△odnu / ミックスカラーセーター(ブラック) サイズFREE   odnu(オドヌ)のニットは主にネパールとインドの女性たちによって編まれています。今回ご紹介のニットはネパールでつくられたもの。日本では手編みという職が衰退しつつありますが、 ヒマラヤ山脈の麓に位置する寒さが厳しいネパールやインドでは、今でもその技術が大切に受け継がれています。△odnu / ミックスカラーセーター(グレー) サイズFREE   odnuのニット1枚にかかる制作期間は約2週間。現代では効率の悪い生産なのかもしれませんが、 時間をかけてゆっくり編まれたニットは、機械では出せないテクスチャーや着心地の良さがあります。 1枚ずつ手編みで編んだ、ミックスカラーセーター。手編みならではの揺らぎと、ざっくり凹凸のある表情が、古着のような懐かしさの在る一枚です。 糸は28μの太めのウール繊維をGillbox(ギルボックス)というネパール独特の紡績方法で甘撚りの糸に仕上げ、同じくネパールで紡績したメリノウールを一緒に編んでいます。普通の28μの糸より柔らかくて、とても暖かいのが特徴です。ネパールの寒さをしのぐことができる、ウール100%の[made in Nepal]ニットです。 素朴なテクスチャーだからこそ、シルエットの見え方にはこだわりをぎゅっと詰めました。身幅は大きめでゆったり着られるワンサイズ。袖口はキュッとしまった長めのリブ、襟は少し高めのハイネック...と、シンプルながらコロンと可愛い仕上がりのシルエットです。 人の手が時間をかけてつくるネパール製のニットは、個体差があるのも特徴です。手作り感は、唯一無二もの。完璧ではないリズムが表現する、そのバランスを楽しんでいただけたら嬉しいです。

Read more

#31 / noil ノーカラージャケット

シルクという素材は、さまざまな表情を見せてくれます。こちらは、シルクの落ち綿で作った[noil]のノーカラージャケットです。ラグランスリーブと肩に入れたタックでリラックス感のあるシルエットに仕立てました。△noil ノーカラージャケット(モカ) サイズ0△noil イージーカーブパンツ(モカ) サイズ0 同じテキスタイルを使用した[noil]イージーカーブパンツと揃えて、セットアップで着ていただけます。△noil イージーカーブパンツ(ナイト) サイズ0△noil ノーカラージャケット(ナイト) サイズ0 蚕から作られるシルクは大きく分けて3種類。細く長い1本の繊維である「生糸(きいと)」。生糸に出来なかった穴の開いた繭やキビソを集めて繊維にした「絹紡糸(けんぼうし)」。更に絹紡糸を紡ぐ時に落ちた短繊維をかき集めてもう一度紡いだ糸を「シルクノイル」と言います。 扱いやすいカジュアルな表情と、シルク特有のきしみと鈍い光沢感、ネップの凹凸感と粗野感、それに加えシルクの様々な機能性を併せ持つというとても魅力的な繊維です。温かみのあるテクスチャーとシルクという高級繊維の上品さを活かし、日常的に上品に着られるデザインのセットアップを作りました。 ボリュームのあるボトムスやワンピースに羽織ってもバランスよくなるよう短めの丈感に設定しています。民族服のディテールをベースにジャケットの細部をデザインしました。同じ布で作ったくるみ釦を左右非対称に配し、端にぐるりと入れたステッチもポイントになっています。袖口、裾にはスリットを入れ、より軽くカジュアルな印象になりました。遊び心のあるデティールがポイントになり、シンプルですがアクセントのある装いを楽しんでいただけます。

Read more

#30 / noil イージーカーブパンツ

糸をつくる工程で落ちる短い繊維を落ち綿といいます。このシルクの落ち綿(シルクノイル)で作ったテキスタイル[noil]を、緩やかなカーブシルエットのイージーパンツに仕立てました。△noil イージーカーブパンツ(モカ) サイズ0 ウエストには同じ生地でできた紐が通っており、ウエストサイズを調整できます。立体感を出す為3面体で出来たパターンを採用し、ボリュームはありながら裾に向かってすっきりと収まるシルエットに。 トップスのシルエットを選ばずコーディネートしやすい形です。シンプルで無駄のないディテールで有りながら、生地、パターンともに個性を残したデザインがコーディネートを楽しくしてくれます。 シルクノイルは、生糸に比べ光沢感は少ないですが、空気を多く含むため生糸よりも保温性が高く、ぷつぷつとしたネップと糸の凹凸感が温かみのある糸です。オリジナルテキスタイルの[noil]は細番手の繊細なコットンをたて糸に使用し、表裏で異なる色のシルクノイルを使い贅沢にもダブルフェイスに仕上げました。たて糸の間からムラのあるカラーネップが覗く複雑な色の重なりと、コットンのような素朴な表情がシルクを優しい日常のテキスタイルにしてくれる、hatsutokiらしい生地です。 △noil イージーカーブパンツ(ナイト) サイズ0 柔らかさの中にもしっかりとした張りを感じるシワになりづらい生地なので、日常使いにもぴったり。中性洗剤を使用し、手洗いできるのでお手入れも簡単です。落ち綿を英語で言うと[noil]ですが、その響きが可愛らしくテキスタイルにぴったりだったのでそのまま生地の名前にしました。繊維を最後まで無駄にしない、人にも環境にも負担が少ないシルクノイル。温かみのあるテクスチャーとシルクという高級繊維の上品さを活かし、日常的に上品に着られるデザインパンツです。

Read more

#029 / incense ワンピース , w-face cashmere ストール

  暑さが和らいだと思えば、急に寒くなったり。季節の変わり目は着る服に悩んでしまいますね。ちょっとしたお出かけ、買い物、食事会などかしこまった場にも対応できる、少し特別な日常着「incense ワンピース」「w-face cashmere ストール」をご紹介します。 こちらのワンピースに使用しているテキスタイル「incense」の名前は、香のかおり を意味しています。一般にシルクというと家蚕(かさん)と言われ、家の中で桑の葉を与えられて育てられるものが一般的ですが、[incense]のシリーズでは野蚕(やさん)と呼ばれ、自然の山の中で育てられたシルクを使用しています。山で育った野蚕シルクを使ったコットンシルクのテキスタイルは、屋内で育てられるシルクに比べ、張りこしが強く、繊維の太さにも野性味を感じさせるムラがあります。糸が持つ表情が生地に柄とも言えない独特の模様を作り出し、どこか異国の香りが漂う野蚕シルクの表情を楽しめます。△incense ワンピース(ポプリ) サイズ0 程よいリラックス感と、上質さ。ラグランスリーブは、肩のシルエットを柔らかい印象に見せてくれます。肩の寸法がフリーになるため、着る人を選びません。裏地なしの軽やかな仕立てとなっております。 涼しくなってきたら、hatsutoki定番の「w-faceストール」にカシミヤを織り込んだ「w-face cashmereストール」とあわせたコーディネートがおすすめです。w-faceストールの柔らかさ・軽さをカシミヤで表現する為、カシミヤの中でも繊維が細長く肌触りの良い「アラシャンカシミヤ」を使用しています。風合い出しを8割程度にとどめているので、ご自宅で洗っていただくほどにカシミヤがふっくら柔らかくなります。△w-face cashmere ストール(ライトグレー) 繊細なコットン素材と、最高品質のカシミヤをふわりと織り上げたストール。軽やかで心地よく、使うほどに柔らかくなります。大判のLサイズなので、ボリューム感があり暖かく、羽織でも使えるのでコーディネートの幅も広がります。 素材にこだわったワンピース・ストールは、どちらも気軽に身につけられ、上品さも忘れないアイテムです。季節の変わり目はクローゼットを見直すタイミング。今の自分に、どんなアイテムがしっくりくるでしょうか。空気の温度や気分、これからの予定を想像して、装いを考えてみましょう。

Read more

#028 / w-face ロングティーブラウス

Tシャツのようなリラックス感を取り入れた「ティーブラウス」のご紹介です。 ふわりと柔らかく空気を含んだ心地よい肌触りのテキスタイル[w-face]は、hatsutokiの定番素材。特別に繊細な綿糸を、ガーゼのようにふわりと空気の層を作る手法で織り上げています。とろけるように柔らかな仕上がりは、まるでシルクのよう。上品さと、コットンの素朴な表情を兼ね備えたハツトキを代表する素材です。 一見無地の様に見える色も、よく見ると何色かの色糸が織り込まれており、奥行きのある先染めの品の良さを感じて頂けます。素材感の上質さも相まってカジュアル過ぎず、気張りすぎないニュアンスのブラウスとなっています。 デザインはあくまでシンプルに。普遍的な美しさを際立たせ、誰しもが着やすく似合うデザインを追求しました。 リブ使用の襟が程よいカジュアルさを持たせ、生地感いよる上品さも合わせもっています。ふわっとしたスタイルにメリハリが欲しい時は、ウエストインするとバランスがとりやすく、体のラインをきれいに見せてくれます。 ベーシックなアイテムは、色違いで揃えるとコーディネートの心強い味方になります。hatsutokiの定番素材であり、人気アイテムをぜひ手に取っていただきたいです。気張らずに、日常の中にこそ心地よい上質な素材を取り入れて見て下さい。△w-face ロングティーブラウス(シルバーグレー) サイズ0 △w-face ロングティーブラウス(ジンジャー) サイズ0 △w-face ロングティーブラウス(ネイビー) サイズ0   →w-face ティーブラウスシリーズはこちら

Read more

#026 / 紫陽花 晴雨兼用傘

やっと少し朝晩が涼しく過ごしやすくなってきました。今回は秋冬にも使いやすい色味の晴雨兼用傘をご紹介します。 紫陽花をモチーフに、刺繍の様な立体的な織柄をアクセントにいれたオリジナルテキスタイル[紫陽花]シリーズ。糸を先に染めてから織る”先染”は沢山の糸の色が美しく重なり合う、奥深く不思議な色。表と裏で生地の色がガラリと違い、差している本人も中から見る楽しさがあります。△紫陽花 晴雨兼用傘(アンティークグリーン)△紫陽花 晴雨兼用傘(ナイト)梅雨の時期になると辺り一面に広がる紫陽花の花をジャガード織で表現しました。紫陽花の花びらのように見える部分は「装飾花(そうしょくか)」といい、萼(がく)が花弁のように大きく発達しています。雄しべと雌しべが退化した紫陽花は、この装飾花が虫を呼ぶ働きをします。虫だけでなく、私たちも惹きつけられるこのモチーフに着目しました。四角くユーモラスな装飾花の形を格子柄に見えるよう連続パターンに落とし込み、デザインしています。糸を立体的に織り込みカットすることで刺繍のような表情を可能にするカットジャガードと呼ばれる手法を用いて、中心に咲く愛らしい花を表現しました。ちりめんのような凹凸感と先染めならではの色の重なり合い、表裏で違う2通りの表情を楽しむことが出来る、和装にも合う美しいテキスタイルです。UVカット+防水加工を施した晴雨兼用傘です。パラソルをメインの用途としていますが、軽い雨は防げる仕様になっています。見た目で選んでも大丈夫、UVカット率90%以上なのも安心ですね。(生地の厚みや色により異なります。)この商品はハンドルカスタムが可能です。基本のwoodハンドル、bambooのどちらかをお選びいただけます。そのほか、お好みのハンドルを別途購入していただくことで、オリジナルハンドルに付け替えることも可能です。 △工房えらむ/手彫りのハンドル 森の中の工房で作家さんが1点ずつ手彫りを施した、hatsutokiだけの特別なハンドル。他では見つけられない、自分だけの特別な日傘を手に入れてみませんか。 →晴雨兼用傘・パラソルの全商品一覧はこちら

Read more

#025 / w-face ロングティーブラウス

季節の変わり目に、定番で人気のティーブラウスのご紹介です。 Tシャツのようにリラックスした気持ちで着ることができるデザインを意識したコットンブラウスです。 素材感の上質さも相まってカジュアル過ぎず、気張りすぎない雰囲気が日常着としてちょうど良い。 定番カラーの「グリーン」はネイビーのたて糸にグリーン、ブルーのよこ糸を交互に織り込みました。シャンブレーの美しさと、とろける様な肌触りがhatsutokiらしい一枚です。 これがコットン?と思えるような、ふわりと柔らかく空気を含んだ心地よい肌触り。特別に繊細な綿糸をガーゼのようにふわりと空気の層を作る手法で織り上げることで、とろけるように柔らかく仕上げます。まるでシルクの様な繊細さとしなやかさに、コットンの素朴な表情を兼ね備えたハツトキを代表する素材です。一見無地の様に見える色も、よく見ると何色かの色糸が織り込まれており、奥行きのある先染めの品の良さを感じて頂けます。△w-face ロングティーブラウス(グリーン) サイズ0△noil イージーカーブパンツ(ナイト) 定番と呼べる素材がhatsutokiから初めて生まれたのが、ブラウスに使用している[w-face]と呼ぶテキスタイルでした。手間のかかる、気の遠くなるような工程を、丁寧な仕事をもって織り上げています。 今までに無いものを生み出す時、必ず効率とは反対方向の負荷がかかります。それをどのように超えて行けるかは、その仕事に対してやりがいを感じて頂けるかどうかがとても大切です。技術と心のどちらも揃わなければ美しい織物は生まれません。 また、変化する環境の中で同じ物を作る、という難しさもあります。綿の品質は天候や、その国の情勢によっても毎年代わりますし、時代の流れの中で生産ラインの工場が閉じてしまうことも何度もあり、その度に職人と新しい道を模索してきました。そして今シーズンも私たちの定番素材が変わらずに作り続けていることを今とても誇らしく思います。 高い技術と熱意、そして「美しさ」を求めて生まれたテキスタイル。特別なテキスタイルだからこそ、リラックス感のある一着に仕立てても上品な雰囲気と両立するのです。△w-face ロングティーブラウス(サンライズ) サイズ0△glass scape イージーカーブパンツ(ナイト) サイズ0△SATOSHI SASAKI / フックピアス (ラピスラズリ)シンプルで普遍的な美しさを際立たせ誰しもが着やすく似合うデザインを追求しました。日常の中にこそ心地よい上質な素材を取り入れて見て下さい。

Read more

#024 / w-face プルオーバーワンピース

hatsutokiの定番素材となったテキスタイル、[w-face]。多くの人に支持をいただいている理由は、ふわりと柔らかく空気を含んだ心地よい肌触り。そして、普遍的な美しさを秘めた素材であることです。 染色した繊細な綿糸を機械によって、美しく織り上げるまでにはとても手間がかかります。染め、糊付け(毛羽を抑えたり糸の補強に使います)、織、仕上げ、それぞれの工程の中で、細かい工夫の積み重ねと、丁寧な仕事が必要です。 着用したときのふわっと空気をまとうようなシルエットと、さりげない襟元のデザイン、整列したボタン。リラックス感と、かっちりとした雰囲気を取り入れたデザインは、シンプルで普遍的な美しさを意識し、誰しもが着やすく似合うデザインを追求しています。気張らずに、日常の中にこそ心地よい上質な素材を取り入れて見て下さい。△w-face プルオーバーワンピース(サンライズ) サイズ0 合わせたバッグは、[AS YET UNNAMED.]のハンドメイドバッグにhatsutokiのオリジナルテキスタイル[alps]を使用した別注モデル「The small basket」[alps]は、生地の立体感を出すために、太番手のコットンを限界まで高密度に織り上げています。織られる糸が収まらず、逃げ場をなくして上に持ち上がり立体的な表情に。丈夫さ、テクスチャーの心地よさに、タテ・ヨコの糸の色の組み合わせで奥行きを僅かに加え、普遍的でいて、どこか新鮮な美しさを感じるテキスタイルです。 シンプルなバスケット型の本体に、手で編み上げたjuteのハンドルが付いています。小さく見えて、意外と500mlのペットボトルも入ります。毎日の使用にぴったりの大きさです。巾着の様に蓋が締められるので安心です。 ひとつひとつに手書きのネームがついています。*ハンドメイドのため、微妙な個体差、染ムラがございます。一期一会の出会いをお楽しみください。△AS YET UNNAMED./The small basket 別注(フォックスグレー) [w-face]のワンピースは、新色サンライズの他に定番カラーとしてグリーンをおつくりしています。よく目を凝らすと、ネイビーのたて糸にグリーン、ブルーのよこ糸を交互に織り込んでおり、この2色が深みのあるグリーンのベースとなっています。 シャンブレーの美しさと、とろける様な肌触りがhatsutokiらしい一枚です。どの色味も、よく見るといくつかの色糸が織り込まれており、奥行きのある先染めの品の良さを感じて頂けます。△w-face プルオーバーワンピース(グリーン) サイズ0

Read more

#023 / fog AS YET UNNAMED./The jute net bag 別注

東京とロンドンを拠点に活動するデザイナー 稻葉明李さんのブランド「AS YET UNNAMED.」とhatsutokiの別注モデル。 「the jute net bag」と名付けられたこのバッグは、ボートにインスピレーションを受けて出来ました。ボートを波止場に止めるときに使用する金具や、漁に使う網をイメージした手編みのジュートハンドルなど、ユニークなディテールにデザイナーである稻葉さんの感性が光ります。 hatsutokiのテキスタイルの裁断後に残る「残布」を使用し製作して頂いた特別な別注モデルです。   △AS YET UNNAMED./The jute net bag 別注(フォックスブラウン)△AS YET UNNAMED./The jute net bag 別注(ソイル) 稻葉さんのユニークな視点から生まれる自由なデザインと、一見反して見える丁寧で繊細な手仕事の絶妙なバランス感にとても惹かれます。 それは彼女の人柄にも表れていて、穏やかで優しい口調のなかに、いつも芯のある想いを感じる女性です。一瞬の風景の記憶を切り取り、彼女の手から紡ぎだされる作品はとても「愛おしい」と感じました。それはhatsutokiのインスピレーションにも似たところがあると感じており、お互いのものづくりにも共感し合い、今回のコラボが実現しました。 △pottery ユニセックスパンツ(ソイル) △glass scape イージーカーブパンツhatsutokiのシンプルで上質なスタイルと、稻葉さんのアクセントのあるデザインのバランスが好きです。どちらも、手仕事であったり、ものづくりへの姿勢に通ずるものがあるからかもしれません。...

Read more

#022 / fog ノースリーブブラウス

  コットンリネンのさらっとした生地で、夏の暑い日にも風を通し快適に過ごせるfog ノースリーブブラウスのご紹介です。   山に囲まれた兵庫県西脇市に住む私たちにとって霧は生活の中では身近な現象。 春霞、夏雨の降った後、秋寒くなり始めた夜…都会では感じることの出来なかった‶静かな季節の移り変わり"を霧が肌の先端に当たる感覚で分かるようになりました。 街が幻想的な霧に包み込まれる瞬間がとても好きで、夏に夕立が降った後辺り一面に広がる暖かくしっとりとした霧の中で着る服を作りたいと思いデザインしました。   カラーはジンジャーグレー、スモークイエロー、ピンクの3色展開。 近くで生地を観察とさまざまな色糸が混ざって複雑な色味を形成しているのがわっかります。 [fog]はトップ染め、と言われ原料の綿で染めてから糸にした淡いカラーのトップ糸と、リネンを組み合わせて織り上げる事で、複雑に色が混じり合うテキスタイルです。霧の向こうにぼんやりと街の輪郭が見える。そんな景色をイメージしています。スモークイエローはさりげない色味で、さまざまな色に合わせることができます。 後身頃の直線的なシルエットに対し、前身頃は女性らしく立体的なシルエットに仕上げました。後ろに向かって緩やかにカーブした裾や脇のタック、背中をのぞかせる涼し気なスリットと水牛釦。細部の仕様までこだわった美しいブラウスです。 △fog ノースリーブブラウス(スモークイエロー) サイズ0△fog イージースリムパンツ(ジンジャーブルー) サイズ0 ピンクは、顔周りがぱっと華やかに。着るだけで明るい気分になるような一枚です。 リネンの節感や光沢が美しくハリのある生地。民族衣装のような直線的なシルエットに、ギャザーやタックで立体感を持たせており、体型や年齢を問わず誰でも似合う快適な衣服になりました。 露出は少なめでもすっと一筋のスリットを入れることで涼し気な印象に。気取らずカジュアルなのにどこか女性らい品のあるディテールがhatsutokiらしい一枚です。 △fog ノースリーブブラウス(ピンク) サイズ0△pottery ユニセックスパンツ(クレイ) サイズ1   ジンジャーブルーは、アンニュイな大人カラー。 ブラウスの裾はパンツインするとすっきり。ボリュームのあるボトムスとのバランスもとりやすくなります。 裾に向かって広がるふんわりとしたAラインシルエットを楽しむなら、裾を出して着るのがおすすめ。 角度によって色の印象が大きく違うのがこの生地の最大の魅力です。...

Read more

#020 / 日傘(shadow,rainy)

今回の傘のご紹介は、涼しげなお色味の日傘を集めました。 hatsutokiの日傘は華奢で控えめな柄のテキスタイルが多く、浴衣やお着物に合わせて使っても素敵です。  rainyシリーズは、滴る水滴、雨をモチーフにした涼しげな柄。刺繍の様な立体的な表情のテキスタイルです。潔いブラックにリズミカルな柄がアクセント。 内側からも楽しめるテキスタイル。ついつい見上げてしまいます。△rainy 晴雨兼用傘 (ブラック) shadowシリーズは、涼しげな影織のテキスタイルが夏らしい綿100%の軽やかなテキスタイルです。 風が吹き抜けた湖面、あるいは月明かりに照らされた山の様な、不思議な色の奥行きと連続したパターンが”影”のように浮かび上がります。吸い込まれるような魅力の素材です。 爽やかなエメラルド。光があたるとまた雰囲気も変わります。 △shadow パラソル(エメラルド)hatsutokiでは、お好みのハンドルを別途購入していただくことで、オリジナルハンドルに付け替えることも可能です。 △工房えらむ/手彫りのハンドル森の中の工房で作家さんが1点ずつ手彫りを施した、hatsutokiだけのスペシャルなハンドル。他では見つけられない、自分だけの特別な日傘を手に入れてみませんか。 →晴雨兼用傘・パラソルの全商品一覧はこちら

Read more