このサイトでは、お使いのブラウザの対応に制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxへの切り替えをお勧めします。
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)
Zoom AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)

AS YET UNNAMED./The flower market bag 別注(ベージュ×パール×クラウディ)

¥26,400
off

商品説明

AS YET UNNAMED. のデザイナー稻葉明李のハンドメイドバッグにhatsutokiの傘用テキスタイル[glass scape]、[summer wind]を使用した別注モデル。
「The flower bag」と名付けられたこのバッグは、イーストロンドンのColumbia flower marketをインスピレーションに生まれました。「花のある生活を習慣に」という思いが込められています。

サイドに設けられたポケットに花束を差す仕様になっていますが、野菜や水筒、折畳み傘を入れるなどアイデア次第で沢山の使い道があります。
晴雨兼用傘用のテキスタイル[glass scape]、[summer wind]は表側に撥水、裏側に防水加工が施されていますので、多少の水分を弾きます。濡れたタオル、水筒、着替え等を入れても安心です。
しっかりした生地なので毎日のマーケットバッグとしての使用に向いています。

ひとつひとつに手書きのネームがついています。

*ハンドメイドのため、微妙な個体差がございます。一期一会の出会いをお楽しみください。
*完全防水ではありませんのでご注意下さい。

素材について

[glass scape]
糸の浮き沈みで柄を表現するジャガードと呼ばれる手法で、水彩のように滲む柄を表現しました。どこか懐かしい、レトロなガラスの窓越しに見た景色、輪郭がぼやけて季節の色だけ滲んで見えるイメージを描きました。リネンとコットンを使い、糸自体のテクスチャーの違いで、複雑な柄に奥行きを与えています。リネンの光沢、張り感から品の良さも感じます。
[summer wind]
青い空に入道雲、若々しい緑の森を吹き抜ける爽やかな風。月明かりの夜、深い紺色の空、遠くの街の音を運ぶ涼しい夏の夜風。そんな記憶のどこかにある夏の風のイメージをオイルパステルで勢いよく描きテキスタイルに落とし込みました。大きな柄は、それだけで力強く、私達を楽しませてくれます。カットジャガードと呼ばれる手法で刺繍の様な糸の立体感をすべて織で表現しています。途中の行程では手仕事も必要で大変手間隙のかかったテキスタイルです。

バイヤーより

稻葉さんのユニークな視点から生まれる自由なデザインと、一見反して見える丁寧で繊細な手仕事の絶妙なバランス感がとても魅力的。それは彼女の人柄にも表れていて、穏やかで優しい口調のなかに、いつも芯のある想いを感じる女性です。
一瞬の風景の記憶を切り取り、彼女の手から紡ぎだされる作品はとても「愛おしい」と感じました。
お互いのものづくりにも共感し合い、今回のコラボが実現しました。

ブランドについて

AS YET UNNAMED. は身に付けるものにまつわる、デザインプロジェクト。東京とロンドンを拠点に活動する。 "まだなまえがない" ・あらゆる固定概念を越えて着る人の個性によって完成する服 ・まだなまえのない、オブジェのようなアクセサリーを提案していきます。 デザイナー稻葉明李は、特定の人の特徴や、素材を深く見つめ、自身の手を動かすことを大切に、作品を思考する。 実用的で特徴的な、作製品は、ユーモアを忘れない、ウィットに富んだ人に見合うものであり続けるように。 [稲葉明李] 武蔵野美術大学を卒業後、Edwina Hörlにてレディースウェア、アクセサリーの企画デザインチームで経験を経た後、渡英。 ロンドンに生活拠点に移す。 テーラー仕込みのデザイナーの元で、ハンドシームストレスとして、ハイエンドな製品制作に携わる。 2021年、服と服飾工芸雑貨レーベル、AS YET UNNAMED.を始動。

サイズ

持ち手 共布紐:67cm ジュード紐(金具込):74cm
口巾 36cm
高さ 38cm
サイドポケット:口周り28cm 高さ32cm
※ハンドメイドのため、サイズには誤差があります。御了承ください。

クオリティ・原産国

本体:[glass scape]綿72% リネン28% [summer wind]綿100% 持ち手:ジュート(麻)100% 金具:ステンレス

made in japan

返品不可

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

NEWS

【イベントのお知らせ】2024.7.13(土)〜21(日)steef 合同展に参加します。【東京・祐天寺】

[参加ブランド] hatsutoki / MAGNIFF / MURPH / YARN HOME 夏を快適に過ごすために是非お迎えいただきたいhatsutokiの衣服やYARN HOMEのホームファブリック。茹だるような暑さで肌を優しくケアしてくれるMAGNIFFのスキンケアアイテム。そしてMURPHのミラーやオブジェ、スツールなど、幅広くご紹介します。 hatsutokiからは夏を気持ち良く過ごすための衣服と、晴雨兼用傘、ハンカチーフ、小物などを出品します。 傘や服は実物を見てみたいというお問い合わせも多いので、リクエストがありましたら事前にお問い合わせ頂ければご用意いたします。 メールでお問い合わせ:support@hatsutoki.comお電話でお問い合わせ:0795-27-7008   自然豊かな織物の街として知られる、兵庫県西脇市で生まれたブランド”hatsutoki”素材を活かした奥行きのある色合いが特徴的な播州織のテキスタイルを使用したブラウスやパンツ、ストール、晴雨兼用傘など、夏にご紹介したいアイテムを揃えてお待ちしております。 [日時]2024.7.13(土)〜21(日) 12:00-19:00[会場] steef 〒153-0052 東京都目黒区祐天寺2丁目6−13※祐天寺駅 中央改札口より徒歩3分MapTel : 03-5708-5611Mail : info@steef.jp▶︎期間中お休みなし▶︎開催場所の名称が変わりましたが今までのsteefの場所と同じです。▶︎平日も12:00からオープンいたします。▶︎即売のアイテムが中心のイベントです。MURPHのアイテムは一部受注対応となります。▶︎店頭限定でご紹介するアイテムもございますが、ピックアップしてsteefのオンラインショップでも一部販売予定です。是非お誘い合わせの上、お出かけください🌿

[新入荷]shadow カシュクールワンピース

水面のゆらぎの様な影織テキスタイル 風が吹き抜けた湖面、あるいは月明かりに照らされた山の様な、不思議な色の奥行きと連続したパターンが”影”のように浮かび上がります。 この不思議なテキスタイルに私たちは[shadow]という名前をつけました。   特殊な装置を使い生み出す、糸のゆらぎによって生み出されるパターンは、吸い込まれるような魅力の素材です。 定番人気の[shadow]の生地でカシュクールワンピースを作りました。 西脇の隣町の一つの機屋さんで生み出されます。 詳しくは特集ページをご覧ください。   △shadow カシュクールワンピース(ネイビー) どなたでもさらっと羽織れるワンサイズのカシュクールワンピース。 技術の高い縫製工場さんでしかできない細かな作業に息を呑んでしまいます。 共布の包みボタン、細かなタック、見返しの7本ステッチ... 自宅で洗濯も可能ですので、 デイリーに着ていただけます。繊細な生地ですので手洗いかネットに入れて、脱水は弱目をお勧めしています。 決して化学繊維のようにイージーケアではないかもしれませんが、洗いざらしのシワの入った表情のまま着てもリラックス感があるイメージしてデザインしています。 △shadow カシュクールワンピース(エメラルド) ボタンを外して羽織としてもご利用いただけます。 ポケットもあり、洗ってもすぐ乾く薄くて生地は、夏の旅にも最適。 特に陽に当たると美しい生地ですので、お出かけにおすすめです。 shadow シリーズ全商品一覧はこちら

glass scape&紫陽花 ギャザースリーブワンピース

新商品のご紹介 曇りガラスの窓の向こうの風景を描いた[glass scape] 紫陽花の花を並べた[紫陽花] 二つの人気テキスタイでギャザースリーブブラウス、 ギャザースリーブワンピースを作りました。 どちらも日傘の生地として誕生し定番となったテキスタイルですが、洋服にすることで見え方が変わり、とても新鮮に感じられます。 △紫陽花 ギャザースリーブワンピース(アンティークピンク) 生地の程よい柔らかさを活かしノースリーブの袖口にギャザーを寄せ、お花の蕾のような柔らかいシルエットのワンピースを作りました。ギャザーの引っ張り具合でシルエットの印象を変えることが出来ます。 アンティークグリーンの裏面「アンティークピンク」を使用。 交互に織り込まれた淡いグリーンの糸と作り出す、奥行きのある大人ピンクです。 △紫陽花 ギャザースリーブワンピース(ナイト) ナイトは赤と青の糸が交互に打ち込まれた生地で、玉蟲色のような輝きが美しいお色。 刺繍のように立体感のある白のドットがポイントです。 △glass scape ギャザースリーブワンピース(パール) レトロなガラス窓越しに見た景色をイメージしてデザインされた[glass scape]は染め分けたリネンとコットンを複雑な織表現でミックスした涼しげなテクスチャーのジャガード柄。綿のマットな質感とリネンの光沢が上品なテキスタイルです。   △glass scape ギャザースリーブワンピース(ナイト) リネンの入ったハリのある生地が 蕾のように丸くカーブした立体的なシルエットを作ります。女性らしいディテールを丁寧にデザインしました。 ゆったりとリラックス感のある着心地。 △glass scape...

博多阪急『nice things. はじまりのマーケット』に出展します。

魅惑のセレンディピティ 2024.5.15(水)20(月)博多阪急 8階 催場 ※最終日は午後5時終了 “セレンディピティ”=“偶然の出会い”。 時代を超えて愛されるアンティークから、ものづくりのフィロソフィーが詰まったライフスタイル雑貨など、“なにか”に出会って魅惑される“セレンディピティ”が感じられる6日間です。   博多の皆様お久しぶりです! 五島列島に本社を移した雑誌nice things.主催の『はじまりのマーケット』にhatsutokiも出店させてことになりました。hatsutokiの夏のワードローブを一堂にご覧頂ける、またとない機会です。 博多の皆様にお会いできることを、楽しみにしております。